消毒液マキロンを使ったニキビケアは効くのか

世の中には色んなスキンケア方法がありますが、最近知ってびっくりしたのが「マキロンでニキビケア」です。

マキロンといえば、ちっちゃい頃にケガした時に保健室の先生やお母さんに塗ってもらったアレです!
あの消毒液でニキビケアとは驚きの発想ですが、たしかにアクネ菌や黄色ブドウ球菌を殺菌してニキビケアできるかも…?と微妙に納得してしまいますよね。

ではマキロンを使ったニキビケアの方法をご紹介します。

マキロン

マキロンを使ったニキビケア方法

やり方は人それぞれで、綿棒にマキロンをつけてチョンチョンと消毒する方法や、コットンを小さく切ってマキロンを浸し、しばらくニキビに貼り付ける、など様々です。
中にはコットンにマキロンをつけ、それで顔一面拭き取るという方までいらっしゃいます。

では実際ニキビに効くのでしょうか。

ニキビができやすい肌を作る?マキロンのニキビケアが危険な理由

口コミによると効くという意見が多いのですが、こちらの記事にも書いた通り、アクネケアと書かれている化粧品はアクネ菌だけではなくお肌にいる他の大切な菌も殺してしまいます。

そのため、マキロンで消毒した箇所はアクネ菌だけではなく、お肌にとって大切な常在菌も殺してしまっています。

一時的にはニキビがよくなるかもしれませんが、毎日続けているとお肌がどんどんダメージを受けやすくなり、
長い目で見るとニキビのできやすい、刺激に弱い肌になってしまいます。

また、マキロンに脱脂効果と書いてあるのをご存知ですか。
たしかにインフルエンザ予防などで手をアルコール消毒などをした後は、手がカサカサになりますよね。
あれが顔でも起こっていると思うと、ちょっとこわいですよね。

しかも顔のお肌は他の箇所より皮膚が薄くデリケートなので、乾燥すると「皮脂を出して潤いを与えなきゃ!」と余計に皮脂を出してしまい、それが毛穴が詰まる原因になってしまいます。

となると、逆にニキビができやすくなる、ということです。

マキロンでニキビがよくなった方は、皮膚がわりと強い方や、マキロンで顔全体を拭き取るのではなく、ニキビにだけちょこっとつけた方が多いんじゃないでしょうか。
お肌が敏感な方はエタノール(アルコール)がつくだけでもお肌赤くなったり、かぶれたりするので、少し危険ですね。

個人的にはオススメできない方法ですが、裏ワザとして覚えておくのはいいかもしれないですね。

スキンケアを変えるだけで、10年間悩んだニキビがキレイに

1か月どろあわわを使った結果

▶▶10年間ニキビに悩まされた私のニキビが、1か月でキレイになったスキンケアとは?

サブコンテンツ

このページの先頭へ