ニキビがある時は化粧水はつけない方がいい?ニキビをなくす方法は

ニキビができている時は化粧水を塗らないほうがいいという口コミをたまに見かけます。

化粧水を塗らないでニキビが良くなるなんてちょっと疑ってしまいますが
本当のところはどうなんでしょうか。

化粧水

若いころの思春期ニキビは、ホルモンバランスの乱れによって皮脂が過剰に出ることで
ニキビが出来ると言われています。

なので、ニキビケアの方法としては皮脂を抑えるために、
オイルフリーの化粧品が効果的な場合もあります

洗顔も皮脂をしっかり取るタイプのものが効果的で、
とにかく清潔に、皮脂が出ないように保てばニキビがおさまります。

しかし、思春期を過ぎてからのニキビは、お肌の乾燥によるものがほとんどです

お肌は乾燥すると潤いを保とうと皮脂をたくさん出してしまい、
それが毛穴に詰まってニキビが出来てしまいます。

また、皮膚は乾燥すると硬くなってしまうので、
毛穴まわりの皮膚が硬くなり、余計に皮脂が詰まりやすくなります。

その皮脂がたくさん出てニキビがある状態を見て、
「私はオイリー肌だな」と思うかもしれませんが、
実は乾燥による皮脂の過剰分泌が起きている
インナードライ肌」であることがほとんどです。

その状態でさらに「脂をおせえなきゃ!」と化粧水や乳液を使わなかったり、
皮脂をしっかり取る洗顔を続けていると、皮脂はどんどん出てしまい、ニキビはどんどん悪化してしまいます。

そのため、大人ニキビの対処法としてはキチンと汚れを落とし、化粧水と乳液でお肌を潤す、
というベーシックな事がとても大切になってきます。

確かに、化粧品には界面活性剤や化学薬品が入っているから
ニキビを刺激してしまうため、何も付けないほうがいい、という意見もあります。

でも化学薬品が全てお肌に悪いわけではないのと同様に
天然のものでもお肌が荒れるものはたくさんあります。

自分にしっかり合った化粧品を見つけて
正しいケアをすることが、ニキビのない素肌をつくるための近道です。

化粧水の量の目安

化粧水をつける時、なんとなくお肌が潤ったかな?という『感覚』で化粧水をつけていませんか。

化粧水の使う量の目安としては、お肌がひんやりしているかどうかです。
お肌がひんやりして、お肌の表面に化粧水がついて、これ以上入らない、というくらいつけるのがちょうどいい量です。

化粧水が高くて、そんなにジャバジャバ使うのはもったいない、という方は、
まずは1,000円くらいのお手頃な化粧水をたっぷりつけて、そのあと普段使っている化粧水を重ね付けするのもおすすめです。

そうするとお肌がしっとり潤って、丈夫になり、ニキビができにくくなります。

たかが化粧水、と思いがちですが、お肌の潤いには欠かせないので正しく使いましょう。

スキンケアを変えるだけで、10年間悩んだニキビがキレイに

1か月どろあわわを使った結果

▶▶10年間ニキビに悩まされた私のニキビが、1か月でキレイになったスキンケアとは?

サブコンテンツ

このページの先頭へ