漢方はニキビに効く?漢方で治すニキビ治療の方法

ニキビの治療で、漢方を使った治療方法があります。

私も昔漢方で治療しましたが、私には合っていたみたいで効きました。
私は清上防風湯という漢方薬を飲んでたのですが、
女性ホルモンのバランスが整う効果もあるらしく、
おっぱいが1カップ上がるという嬉しい副作用がついてきました(笑)。

漢方によるニキビ治療の効果は?

東洋医学では西洋医学とは少し考え方が違い、
ニキビができるのは、脂っこいものや甘いもの、刺激物を食べたことで
体に「熱」や「気」がこもってしまい、それが皮膚に出てニキビになると考えられています。

その「熱」や「気」を漢方のチカラで発散させることで
ニキビができにくくなる、という考えです。

そんな漢方ですが、残念ながら効く人と効かない人がいるようです
特に漢方は種類が多いし、効果が現れるまで1ヶ月以上かかります。
そのため自分に合った漢方を見つけるのも長期戦になります。

また、漢方はニキビを治すお薬ではなく
あくまでニキビのできにくい体質を作るためのお薬です。
漢方薬をのんでれば、食生活や洗顔が疎かになってもいい、というわけでは決してありません。

漢方によるニキビ治療のデメリットは?

私が思う1番のデメリットは「苦い」ということです(笑)。
慣れれば大丈夫な方もいるかもしれませんが、
毎晩飲むのが苦痛になるくらい、私は苦手でした。

あとは、先程も言いましたが、効果が現れるまでに時間がかかるということです。

また、体に合わない漢方だった場合、
頭痛がでたり気持ち悪くなるといった副作用もあります。

漢方ってどこで買うの?

漢方は普通にドラッグストアやネットでも買うことができます。
また、漢方専門のお店や、症状によっては保険適用内で処方してくれるところもあります。
まずは市販のを試してみて、自分に合っていたら事情をお医者様に説明し、
処方箋で出してもらう事もできますよ。

ニキビに効く漢方薬一覧

清上防風湯(せいじょうぼうふうとう)

清上防風湯

私が飲んでいたのがまさにこれですが、
清上防風湯の”清上”には、体の上部を清涼にするという意味があります。

つまり、顔にこもった熱を発散させ、ニキビや赤ら顔に効きます。

顔色もよく、赤く熱を持ったようなニキビに1番効きます

逆に、冷えからくるようなニキビや、顔色がくすんでいる人のニキビには
あまり効果が見られない傾向があります。

当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)

当帰芍薬散

当帰芍薬散は、血流をよくし、冷えを改善する効果があります。
そのため、冷えからくる大人ニキビや低体温で便秘がちな人のニキビに効きます
また、ニキビだけでなく、冷え、貧血、生理痛の改善にも用いられる漢方なので、
それらの症状が当てはまる方のニキビに1番効きます。

加味逍遥散(かみしょうようさん)

加味逍遥散

上半身にたまった熱をとりつつ、血液の循環を良くしてくれる作用があります。
また、ホルモンバランスを整える効果もあるので、
体が虚弱でイライラしやすく、精神が不安定な人のニキビによく効きます
生理不順や更年期障害にも効果的な漢方です。

十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)

加味逍遥散

皮膚が化膿している人に効果的な漢方薬です。
皮膚の赤みや晴れ、化膿を抑える働きがあるので、
ニキビが化膿しやすい人やニキビが痒くなりやすい人に効果的です

荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)

荊芥連翹湯

体のや顔の熱を発散させ、ニキビをできにくくしてくれます。
また解毒さようもあるので、血が汚れている人やデトックスが必要な人のニキビにも効きます
脂が出やすく、赤いニキビから白いニキビまで
慢性的にポツポツ出来る人に向いています。

スキンケアを変えるだけで、10年間悩んだニキビがキレイに

1か月どろあわわを使った結果

▶▶10年間ニキビに悩まされた私のニキビが、1か月でキレイになったスキンケアとは?

サブコンテンツ

このページの先頭へ