拭き取り化粧水でニキビが悪化?正しい使い方とは

拭き取り化粧水ニキビがある時や毛穴の汚れが気になる時に拭き取り化粧水を使うと
お肌がツルツルになった、という口コミをよく見かけますよね。

拭き取り化粧水は普通の化粧水とは少し違い、保湿などを目的としているわけではなく、
洗顔の後、化粧水を塗る前に使うもので、クレンジングや洗顔では取りきれなかった汚れを拭き取ったり、
次に使う化粧水の浸透をよくする効果があります。

そんな拭き取り化粧水は使い方を間違えるとニキビを悪化させてしまうことがあります。

そこで、拭き取り化粧水についての基礎知識や、正しい使い方、ニキビに効果のある拭き取り化粧水の選び方などご紹介したいと思います。

拭き取り化粧水の効果とは

拭き取り化粧水で得られる効果は大きく分けて2つあります。

  • クレンジングや洗顔で取りきれなかった汚れを拭き取る
  • 次に使う化粧水の浸透をよくする

基本的には1つ目の、汚れを拭き取る効果を期待して使う方が多いと思います。

クレンジングや洗顔はどんなに丁寧にしていても、意外と毛穴に汚れが残ってしまったりしまうので、拭き取り化粧水で優しく拭き取ることで毛穴の詰まりを解消してニキビをできにくくする効果があります。

また、古くなった角質を優しく拭き取って剥がす効果もあるので、角質が毛穴を塞いでニキビを作ってしまうのを防いだり、クスミを解消する効果もあります。

拭き取り化粧水で有名なオードムーゲには、殺菌効果などもあるので、化粧水によってはニキビの元となるアクネ菌や雑菌を殺菌してニキビをできにくくする効果があったり、
炎症を抑える効果がある成分が入っているものであれば、炎症ニキビの治りを早くする効果があります。

古くなった角質を剥がすことで、次に使う化粧水や美容液の浸透をよくする効果もあるので、保湿力がアップしたり、美白効果がアップしてニキビ跡の治りを早くします。

使い方に注意!ニキビが悪化する可能性も

拭き取り化粧水はコットンに含ませてお肌を優しく撫でるように使います。

この時、化粧水の量が少なかったり、汚れを拭き取ろうと強めに擦ってしまうとお肌に負担をかけてしまったり、
すでにできてしまっているニキビを擦ってしまい、悪化させてしまう可能性があります。

拭き取り化粧水を使う時は、コットンにたっぷり化粧水を含ませて、お肌につけるとピタピタと音がするくらいにしてから、優しく撫でるようにして拭き取るようにしましょう。

また、拭き取り化粧水はあくまで拭き取り専用で保湿力は低いので、拭き取った後はいつもの化粧水→乳液としっかり保湿を行いましょう。

拭き取り化粧水だけではニキビはよくならない?

拭き取り化粧水は、使えば必ずニキビが良くなるというものではありません。
あくまで毛穴の汚れを拭き取ったり古い角質を剥がして、ニキビをできにくくするためのものです。

大切なのは、クレンジングと洗顔できちんと汚れを落としておくこと、お肌の潤いを奪ってしまう合成界面活性剤を使用していない洗顔を使うこと、洗顔はしっかり泡立てて優しく洗うこと、など、基本となる洗顔&スキンケアを正しく行うことです。

洗顔をきちんと行い、それでも拭き取るとコットンに汚れが付く場合は、上手く活用してみましょう。

スキンケアを変えるだけで、10年間悩んだニキビがキレイに

1か月どろあわわを使った結果

▶▶10年間ニキビに悩まされた私のニキビが、1か月でキレイになったスキンケアとは?

サブコンテンツ

このページの先頭へ