手?コットン?ニキビ肌の化粧水の付け方

化粧水をつけるときによく迷うのが
手でつけるべきか、コットンを使うべきか、
ということではないでしょうか。

同じ化粧水を使っていても、手とコットンで違いはあるのでしょうか。
また、ニキビ肌にはどちらがいいのでしょうか。

ニキビ肌の化粧水の付け方

手で化粧水を塗る

メリット

手で化粧水を塗るメリットは、
コットンのような化学繊維でお肌を刺激しなくていいということです。
また、手で温めた化粧水のほうが肌に馴染みやすいやいのもメリットです。

デメリット

手で化粧水を塗るデメリットは、手に化粧水が吸収されてしまい、
お肌に均一に塗れないことです。
また、手に吸収される分無駄も多くたくさん化粧水が必要になってくるのもデメリットのひとつです。

コットンで化粧水を塗る

メリット

コットンで化粧水を塗るメリットは、お肌に均一に化粧水が濡れるということと、
コットンからしっかりお肌に化粧水が戻って手よりもしっかり保湿できるということです。

デメリット

コットンがお肌を刺激してしまう。

結局どっちがいいの?

では結局どっちのほうがいいのかというと
コットンをおすすめします。

コットンを使ったほうが、コットンに化粧水が残るからもったいない
という声も聞きますが、
実はコットンに残っているのは水分だけで、
化粧水をコットンに馴染ませてしっかりパッティングすると
有効成分がしっかりお肌に浸透し、水分だけがコットンに残っているんです。

私も昔はコットンに化粧水が残ってもったいないと思ってましたが
それを聞いてからしっかりコットンでパッティングするようになりました。

しかしデメリットにも書いてあるように、
コットンはお肌を刺激してしまう可能性があります。

それは
・コットンにしっかり化粧水がついていない時
・コットン自体が刺激の強い素材で出来ている時
だけです。

コットンにしっかり化粧水を含ませて優しくパッティングをすれば
刺激になることもなく、しっかり保湿ができます。

また、コットンにも色々種類がありますが、
選ぶ際にはこのマーク

ひまわりマーク 

が付いているものを選ぶようにしましょう。
このマークは簡単に言うと、お肌に優しい素材で出来ていますよ
という許可をもらってつけることのできるマークです。
なので、このマークが付いているコットンは、
ニキビがあっても安心して使うことが出来ます。

コットンでしっかり保湿をして乾燥を防ぐことが
ニキビを作らないお肌になるための第一歩です。
しっかり保湿をして、ニキビを治していきましょう。

スキンケアを変えるだけで、10年間悩んだニキビがキレイに

1か月どろあわわを使った結果

▶▶10年間ニキビに悩まされた私のニキビが、1か月でキレイになったスキンケアとは?

サブコンテンツ

このページの先頭へ