【化粧水でニキビ対策】ニキビに効く化粧水の成分とは

毎日欠かせないスキンケアですが、
せっかくスキンケアをするならニキビに効く成分が入っていたほうがいいと思いませんか。

そこで、ニキビに効く成分をご紹介したいと思います。

ニキビに効くスキンケア成分

ビタミンC誘導体

ビタミンCには皮脂を抑制し、ニキビをできにくくする効果があります。
また、活性酸素を除去して、炎症を起こしにくくしてくれるので、ニキビが出来そうな時にも効果があります。
その他にも、コラーゲンの生成を促す効果が、凹んだニキビ跡にも効果的ですし、美白効果で茶色く残ったニキビ跡にも効果的です。
ビタミンC誘導体は、肌の奥までビタミンCを届けてくれるので、ニキビにとても効きます。

グリチルリチン酸ジカリウム

グリチルリチン酸2K(グリチルリチン酸ジカリウム)は、甘草から抽出される天然の成分です。
鎮静作用や炎症を抑える作用があるので、ニキビの炎症を抑えてくれます。
化粧水だけでなく、皮膚科の薬などにも使われているほど効果が高い成分です。

イオウ

イオウには、アクネ菌を殺菌する作用があるため、にきび治療薬にも使われています。
また、角質を柔らかくし、コメドを出しやすくする効果もあるので、ニキビ予防にも効果的です。
イオウが入っている温泉に浸かるとお肌がすべすべになるのは、この角質を柔らかくする効果のおかげです。

サリチル酸

サリチル酸には、角質を柔らかくして毛穴の詰まりを取り除く効果が期待できます。
また、安全性が高いことからピーリングにも用いられています。
お肌のターンオーバーが遅くなり、くすみが気になる方にもオススメの成分です。

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸には、炎症を抑える働きなどはありませんが、高い保湿力があります。
乾燥による皮脂の過剰分泌や、それによる毛穴の詰まり、ニキビには、保湿が有効的です。
そのため、しっかり保湿できるヒアルロン酸も、乾燥からくる脂性肌(インナードライ肌)のニキビに効くのでオススメの成分です。

パントテン酸

パントテン酸はビタミンB群の一種で、お肌のターンオーバーを司っていて、お肌の新しい細胞を作るのに欠かせない成分です。
パントテン酸が不足すると、未熟な細胞しか作ることができず、刺激に弱く保湿力の低い細胞になってしまいます。
ニキビだけでなく乾燥肌や敏感肌、ニキビ跡にも効果のある成分です。

トコフェロール

トコフェロールとはビタミンEのことです。
トコフェロールは炎症を抑える効果があるので、炎症を起こしている赤ニキビや黄ニキビに効果があります。
また、ニキビ跡の中でも赤みが残っているものは、お肌の奥がまだ炎症している状態なので効果があります。

スキンケアを変えるだけで、10年間悩んだニキビがキレイに

1か月どろあわわを使った結果

▶▶10年間ニキビに悩まされた私のニキビが、1か月でキレイになったスキンケアとは?

サブコンテンツ

このページの先頭へ