ベビーパウダーでニキビが治る?正しい使い方と間違った使い方

ベビーパウダーが使える!

というのを最近ネットでよく見かけるようになりました。
ファンデーションの代わりに使ったり、リキッドファンデーションの仕上げのお粉として使ったり、寝る前にお顔にはたいて使ったり…

使い方は色々ですが、ベビーパウダーを使ってからニキビが落ち着いた!
という意見と、ニキビが悪化した!という意見があるので
どうして効く人と効かない人がいるのか調べてみました。

ベビーパウダーでニキビが治る?

ベビーパウダーとは

ベビーパウダーとは、もともと赤ちゃんに使うもので、
汗をかきやすい赤ちゃんが肌荒れしないように、
汗や皮脂を吸着するために作られたパウダーです。

もともと赤ちゃん用に作られたので、
お肌にはとっても優しいです。

ただ、最近では、赤ちゃんに使うと汗腺がしっかり発達せず
汗をかけない子になってしまうという理由から、赤ちゃんにはあまり使われなくなったみたいです。

ベビーパウダーがニキビにいい理由

もともと適度に汗や皮脂を吸着してくれる働きがあるので、
脂が詰まって出来てしまうニキビには有効と言われています。

ただ、この場合、皮脂が出やすい人には有効ですが
乾燥からくるニキビには逆効果になることがあります

思春期などで皮脂が出やすくニキビが出来る人や、
脂性肌でニキビができやすい人には有効と言えるでしょう。

ただ、使い方によっては乾燥肌のニキビにも効きます。

それが「洗顔にベビーパウダーを混ぜる」ということです。

洗顔にベビーパウダーを混ぜる

やり方は簡単で、いつもの様に泡立てた洗顔料に、
ベビーパウダーを小さじ1杯程度混ぜて洗顔するという方法です。

これは、洗顔の泡と一緒に毛穴の皮脂汚れを吸着してくれるので
乾燥からくるニキビにも有効です。
ベビーパウダーの粒子はとても細かいので、優しいスクラブとしての働きもしてくれます。

注意する点としては、ベビーパウダーの量が多すぎても
ベビーパウダーがちゃんと溶けずダマになり、
ニキビを刺激してしまい悪化することがあるので量は小さじ1杯を守りましょう。

また、しっかりすすがないと、お肌や毛穴にベビーパウダーが残って、
これが毛穴を詰まらせニキビの原因になってしまいます。

量とすすぎに注意して使うと、乾燥肌のニキビにも脂性肌のニキビにも有効なんですね。

他には、化粧品として使う場合もあります。

ファンデーションの代わりに使う場合や
お粉として使う場合がありますが、
何度も言うようにベビーパウダーは皮脂をしっかり吸着する働きがあります。

もともと脂性肌でニキビができやすい人にはこの方法は有効ですが、
乾燥肌の人は、化粧水や乳液でしっかり保湿してから使わないと
お肌の潤いがベビーパウダーに吸着されてしまいます。

しかし、ファンデーションは毛穴を塞ぎ、ニキビの原因になりやすいので、
ファンデーションを使わず日焼け止め+ベビーパウダーというのは
ニキビにとっても優しいメイク方法です。

お値段も安いので、気になった方はぜひやってみてください。

スキンケアを変えるだけで、10年間悩んだニキビがキレイに

1か月どろあわわを使った結果

▶▶10年間ニキビに悩まされた私のニキビが、1か月でキレイになったスキンケアとは?

サブコンテンツ

このページの先頭へ