何回洗顔するのが正しい?ニキビがある時の洗顔回数

洗顔って1日に何回すればいいの?
というのは、ニキビがある方なら一度は疑問に思った事があるんじゃないでしょうか。

人によっては1日に2回、という人もいるし、1日に1回で十分!という人もいます。

ニキビ肌の人は、1日に何回洗顔するのがいいんでしょうか。

洗顔回数

洗顔のしすぎはよくない

まず、洗顔というのは洗顔すれば美肌になる、というものではなく、
あくまでお肌についた汚れや皮脂を落とし、お肌本来の力を引き出すのが目的です

思春期のニキビはホルモンバランスの乱れにより皮脂が過剰に分泌されニキビに繋がる事が多いので、朝昼晩と洗顔する方も多いですよね。

しかし、ニキビが気になって何度も洗顔をしている人は、洗顔のし過ぎが皮脂の分泌を促し、皮膚を固くし、ニキビを作りやすいお肌にしている可能性が高いんです。

お肌は洗顔によって皮脂が洗い流されると、「潤いが足りない!」と危険を感じ皮脂を分泌して潤そうとする働きがあります。
さらに、たっぷりの泡で優しく洗顔していても、実は手が肌に当たってこすれていて、その摩擦によりお肌が固くなり、毛穴が詰まりやすくなった結果ニキビが出来ている可能性もあります。

なので、洗顔をするほどニキビが出来にくくなるということはありません。

理想の洗顔の回数

では、理想の洗顔の回数はどのくらいでしょうか。
私が最もオススメするのは、朝はぬるま湯だけで洗顔、夜はクレンジング+洗顔、の1日に2回です。

朝、洗顔フォームを使って洗顔している人にとっては、朝ぬるま湯だけで洗顔なんて不安かもしれません。
私も昔は朝からしっかり洗顔フォームで洗顔していたので、ぬるま湯だけだと皮脂が残る気がして不安でした。
しかし、ぬるま湯だけにしてから、お昼の皮脂の量が減り、油とり紙もほとんど使わなくなりました。
今まで洗いすぎで皮脂が過剰に出ていて、それがニキビの原因になっていたんだなと実感しました。

そもそも寝ている間にお肌が汚れるのは、汗や皮脂、空気中のホコリくらいしかありません。
確かに皮脂は出ていますが、洗顔料を使って毛穴の奥までしっかり洗わないといけないほどは出ていません。
それに、夜しっかり美容液やクリームを使ってケアしたのに、全て洗い流してしまってはせっかく塗った美容液やクリームが流れてしまいます。

そのため、よほどの脂性肌で、昔から朝も洗顔料を使わないとニキビが出来る!という方以外は、朝はぬるま湯で洗顔、夜はクレンジング+洗顔の1日に2回で十分です。
また、思春期はホルモンバランスが乱れやすく、皮脂が出やすいので、思春期の方も朝洗顔料を使った洗顔でもいいかもしれません。

洗顔のしすぎでお肌にダメージを与えないよう気をつけたいですね。

スキンケアを変えるだけで、10年間悩んだニキビがキレイに

1か月どろあわわを使った結果

▶▶10年間ニキビに悩まされた私のニキビが、1か月でキレイになったスキンケアとは?

サブコンテンツ

このページの先頭へ