ニキビにいいのは洗顔石鹸?洗顔フォーム?

ドラッグストアや化粧品売り場に行くといつも疑問に思っていたのが、
洗顔石鹸と洗顔フォームって何が違うの?ということでした。

洗顔石鹸を柔らかくしたものが洗顔フォームかな?
と思っていたのですが、成分が全然違い、
お肌への影響も変わってくることが分かったのでご紹介します。

ニキビにいいのは洗顔石鹸?洗顔フォーム?

洗顔フォーム

洗顔フォームのメリットの一つとして
泡立てやすい」というのが挙げられます。

水にも溶けやすく泡立ちやすいので使いやすいのですが、
実はそのために合成界面活性剤というのが使われていることが多いんです。

この界面活性剤が泡立ちを良くしてくれるんですが、
デメリットとしてお肌を傷つけやすいということと、合成界面活性剤がお肌に残りやすいということです。

お肌に合成界面活性剤が残ると、もちろん毛穴が詰まりやすくなり
ニキビの原因になりますし、肌荒れの原因になります。

また、厄介なことに、界面活性剤がお肌に残っていると、
つるつるした手触りになるので、お肌に良い気がしてしまうんです。

しかし正体はお肌にダメージを与える界面活性剤なので、
知らず知らず使っているどんどんニキビにのできやすいお肌になってしまいます。

ただ、最近では合成界面活性剤の入っていない洗顔フォームも売っているので、
全部が全部ダメというわけではありません。
洗顔フォームを使いたい方は、きちんと成分を見てから選ぶようにしましょう。

洗顔石鹸

洗顔フォームがダメなら洗顔石鹸がオススメなわけですが、
洗顔石鹸は洗い上がりに突っ張った感じがするので乾燥している気がする、という声をよく聞きます。

しかしあの突っ張った感じは、お肌にとって不要なものがしっかり落ちた証拠なので、
よほど突っ張って耐えられない!というのでなければ全然問題ありません

最近は保湿成分もしっかり配合された洗顔石鹸もたくさんあるので、
乾燥肌の方におすすめの洗顔石鹸もたくさんあります。

また、洗顔フォームに比べて界面活性剤が少ないので泡立てるが難しい、
という方には、泡立てネットがオススメです。

せっかく洗顔石鹸にしたのに泡立てるのが難しく、
少量の泡で洗顔をして肌を擦っていたら元も子もありませんからね。

洗顔石鹸をしっかり泡だてて、優しく丁寧に洗顔することが、ニキビを治す基本になります。

スキンケアを変えるだけで、10年間悩んだニキビがキレイに

1か月どろあわわを使った結果

▶▶10年間ニキビに悩まされた私のニキビが、1か月でキレイになったスキンケアとは?

サブコンテンツ

このページの先頭へ