ニキビを治すための正しい洗顔方法とは

洗顔方法なんて、泡立ててサッと洗えばいい、と思っていませんか?

かく言う私も
「とりあえず泡立てて、なんとなくサッと洗えばいいんでしょ?」
と思っていたタイプでした。

しかし、「美肌にとって1番大切なのは汚れを落とすこと」と言われているくらい、洗顔は大切なんです。

しかし、洗顔ひとつでそんなにお肌が変わるの??
と思ってしまいますよね。

ここではニキビ肌のための正しい洗顔方法をご紹介していますので、
一つでも当てはまらない項目があれば、ニキビを作ってしまっている、
と思ってしっかりチェックしてみてください。

お湯の温度は34度〜37度

お湯

まず洗顔の時のお湯の温度ですが、
だいたい34度〜37度くらいに設定しましょう。

34度と言ったら、お風呂のお湯やシャワーの温度にしてはぬるすぎるくらいの温度です。

ついついお風呂を溜めた時の温度のお湯で洗顔していませんか?
髪の毛を洗って、同じ温度のシャワーで洗顔していませんか?

大体お風呂が、ぬるめの人で37度、熱いお湯が好きな人は42度くらいです。

でもそれだとお肌には熱すぎるんです。

お湯が熱いとどうなるか。

必要な潤い(皮脂)まで洗い流してしまい、乾燥肌を招いてしまいます

乾燥するんだったら、むしろニキビができなそう、と思うのは間違いで、
お肌は乾燥すると固くなりますから、毛穴周りの皮膚も固くなり、毛穴に皮脂が詰まりやすくなってしまいます

また、乾燥したお肌を潤そうと、一生懸命皮脂を出してくれるので、
更に毛穴に皮脂が詰まりやすくなり、ニキビの原因になってしまいます。

つまり、洗顔の時のお湯の温度ひとつとっても、ニキビを作る原因になってしまっている可能性があるんですね。
あなたは大丈夫ですか?

泡はたっぷり使い優しく洗う

泡はたっぷり使い優しく洗う

もうこれは基本中の基本で、みなさんも意識しているかと思いますが、
洗顔の決めてはコレ!というくらい大事なポイントなのでしっかり覚えて置いて下さいね。

まず泡ですが、適当に泡立てた泡と、
泡立てネットなどを使ってしっかり泡立てた泡は、泡の大きさが全然違います

そうすると、キメ細かい泡は毛穴の奥やお肌の溝に入り込んでしっかり洗えるのに対し、
キメの粗い泡はお肌の表面した洗えず、
毛穴やお肌の小さい溝に入り込んだ汚れを落とすことができません。

そうすると、毛穴が詰まりやすくなり、ニキビに原因になってしまいます

また、優しく洗う、というのはとても大事で、
手が顔の肌に触れるようでは、刺激になってしまいます。

特にニキビができている時は、洗顔中にニキビを擦ってしまわないように気をつけなければいけません。

泡だけで洗うようにしましょう。

すすぎは最低30回

せっかく洗顔でしっかり汚れが落とせても、その洗顔が顔に残っていては台無しですよね。

すすぎの目安は最低でも30回です。
よく10回〜20回ちゃちゃっとすすいで終わり!
みたいな人がいますが、あれでは全然すすぎきれていません

私は友達に「まだすすいでるの?」と言われるくらいすすぎます。
最低でも50回はすすぎます。

手で触った感覚や見た目だけではわからない洗顔の泡がお肌に残ってしまわないよう、
すすぎは優しく、だけどしっかりと行いましょう。

タオルで拭く時は優しく

タオルで拭く時は優しく

これもテッパンですが、洗顔後にタオルでゴシゴシ擦ったりしないようにしましょう。
せっかくの優しい洗顔が台無しです。
柔らかいタオルでそっとタオルを当てるくらいで十分です。
ギューッと押し付けたりもダメですよ!

どうでしたか。
洗顔ひとつとっても、ついつい癖でニキビに良くない事をしてしまっていたりしませんか。
ぜひ参考にしてみてください。

スキンケアを変えるだけで、10年間悩んだニキビがキレイに

1か月どろあわわを使った結果

▶▶10年間ニキビに悩まされた私のニキビが、1か月でキレイになったスキンケアとは?

サブコンテンツ

このページの先頭へ