白くてぷつぷつしたおでこニキビは正しい洗顔と保湿で治る

おでこに出来るニキビにも、白くてぷつぷつした、毛穴が詰まったようなだけのニキビと
赤く炎症したニキビの2種類あるかと思います。

今回は、白くでぷつぷつした方のニキビの治し方をご紹介します。

白くてぷつぷつしたおでこニキビ

白くてぷつぷつしたニキビは、白ニキビといい、毛穴に皮脂が詰まっている状態です。
まだ炎症を起こしていないので、この毛穴の詰まりを解消してあげれば、すぐに治ります。

逆にこの詰まった皮脂にアクネ菌が繁殖してしまうと炎症ニキビに発展してしまうので、その前にしっかりケアをしてあげることが大切です。

毛穴の詰まりを解消するには、
正しい洗顔

保湿
が大切です。

まずは正しい洗顔で毛穴の汚れをしっかり落とす事が大切です。
そして、しっかり保湿する事も大切になります。

おでこにできる白ニキビに洗顔と保湿が効く理由

間違った洗顔を続けていると、お肌を擦ったり潤いを奪ってしまいます。

お肌を擦ってしまうと、お肌は防衛本能から角質を厚くして皮膚を守ろうとします。
しかし角質が厚くなると、毛穴周りの皮膚が固くなるので毛穴を塞ぎやすくなりニキビを作ってしまいます。

また、間違った洗顔や保湿が足りずお肌が乾燥すると、
乾燥によって皮膚が硬くなり、毛穴の皮脂が外に出れなくなり詰まりやすくなる上に、
乾燥することによって皮脂が過剰に分泌されお肌に潤いを取り戻そうとしてしまいます。

皮脂過剰になるとお肌がベタベタして毛穴が詰まりやすくなるだけでなく、紫外線などによって酸化した皮脂がお肌を傷付けてしまうので、肌荒れの原因にもなってしまいます。

おでこは頬よりもお肉がないので、洗顔やスキンケアの時にどうしても強めに擦ってしまいがちです。
保湿をする際も、乾燥しがちな頬や目元は念入りにしているのに、
おでこはサッと塗るだけで終わらせてしまいがちです。

おでこも指の腹で優しく洗顔し、保湿も頬と同じくらいするようにしましょう。

おでこの白ニキビを治す洗顔&保湿方法

1.毛穴の詰まりを解消するためには、まずは毛穴をしっかり開く必要があります。
ホットタオルを作り、顔の上に乗せてしっかり毛穴を開きましょう。

2.洗顔料をしっかり泡立てて、まずはおでこと鼻に乗せましょう。
最初の方が洗浄力が強いので、皮脂が出やすい部分から乗せます

3.優しく円を描くようにくるくると洗顔をします。

4.ぬるま湯で、顔の下から上に向かって洗うように優しく洗い流します。
毛穴に逆らった向きで洗い流すことで、毛穴をよりしっかり洗えます

5.しっかり洗い流したら、優しく水気を拭き取りましょう。

6.化粧水がもう入らない、というくらいまでに化粧水を塗り、保湿しましょう。

7.乳液やクリームをハンドプレスしながら塗りましょう。
こうすることで、手の温度で化粧品が温まり、肌に浸透しやすくなります。

スキンケアを変えるだけで、10年間悩んだニキビがキレイに

1か月どろあわわを使った結果

▶▶10年間ニキビに悩まされた私のニキビが、1か月でキレイになったスキンケアとは?

サブコンテンツ

このページの先頭へ