男性ニキビの原因はホルモンとストレス、食生活にあり

ニキビができる原因は人それぞれです。
ここでは男性のニキビに焦点を絞って、ニキビのできる原因をご紹介したいと思います。

男性ニキビ

男性ニキビの原因

男性ホルモン

男性のニキビの原因の1つに、男性ホルモンがあります。
男性ホルモンは、もちろん男性ならある程度は出るものですが、この男性ホルモンには皮脂をたくさん出してしまう作用と、皮膚の角質層を厚くしてを固くする作用があります。

そのため、毛穴周りの皮膚も固くなり、皮脂が詰まりやすくなっているうえ、皮脂がたくさん出てしまうのでニキビができやすくなってしまうんですね。

特に思春期はホルモンバランスが安定せず、皮脂が出やすくなるのでニキビができやすくなります。

洗顔のしすぎ

皮脂でベタベタするからと言って、市販のニキビ用の洗顔で何度も洗顔をしていると、お肌の中がカラカラに乾燥してしまいます。
市販の洗顔には合成界面活性剤といって、石油からできた界面活性剤が入っています。

合成界面活性剤のコワさについてはこちらでも書きましたが、合成界面活性剤はお肌の中の潤いを奪ってしまい、細胞同士が乾燥してくっついてしまいます。
そうすると、古くなった細胞が剥がれられなくなるので、ターンオーバーが遅れて古い角質が毛穴を塞いでしまいます
また、お肌の中が乾燥すると、お肌は焦って潤いを出そうと皮脂をドバドバ出してしまいます

さらに、アクネケアなどのアクネ菌を殺してしまう洗顔は、どんどんお肌をボロボロにし、ニキビのできやすいお肌を作ってしまうので要注意です。
アクネケアがお肌をボロボロにする!?アクネ菌退治でニキビが悪化する理由

食生活の乱れ

どちらかというと女性のほうが美容に関する知識も多く、食生活にも気を使いがちですよね。
しかし男性は女性よりも量を多く食べる傾向もあるので、どうしても菓子パンやお米などの炭水化物がメインになったり、一人暮らしの方だとカップラーメンで済ませたり、コンビニ食で済ませたりしがちです。

炭水化物(糖質)は、食べ過ぎると血糖値を急上昇させます。
血糖値が急上昇すると、インスリンというホルモンが出て、血液中の糖質を中性脂肪に変えてしまいます。
そうすることで、血糖値を一定の範囲内に保つ効果もあるのですが、中性脂肪は体に脂肪として蓄えられるだけでなく、皮脂として体から出てきてしまいます。
糖質の取り過ぎでニキビができる理由

社会でのストレス

女性は横社会、男性は縦社会、と言われるように男性は上下関係が厳しく社会でのストレスも多いですよね。
一般的は女性より男性のほうが厳しくされがちなうえ、女性のようにおしゃべりをしてストレス発散、ということも少ないのでどうしてもストレスが溜まりがちです。

ストレスが溜まると、そのストレスに対抗しようとビタミンなどが大量に消費されます
そして巡り巡ってお肌の代謝が悪くなり、毛穴を詰まらせてニキビになったり、皮脂が過剰に出る原因になったりします。

スキンケアを変えるだけで、10年間悩んだニキビがキレイに

1か月どろあわわを使った結果

▶▶10年間ニキビに悩まされた私のニキビが、1か月でキレイになったスキンケアとは?

サブコンテンツ

このページの先頭へ