中高生の思春期メンズニキビの原因や対処法とは?

思春期メンズニキビ思春期の一番楽しい時期にニキビができると本当に憂鬱になりますよね。

女性であればメイクで隠したり…ということもできますが、思春期の男性だとそういうのも難しいし、
運動部など汗をかく方はそうもいきませんよね。

そんな厄介な、思春期にできる中高生の男性ニキビについて、原因や治し方などご紹介したいと思います。

思春期のメンズニキビの原因

思春期のメンズニキビの1番の原因は、ホルモンバランスにあります。

思春期に大量に出る男性ホルモンは、男性らしい体つきになるために欠かせないホルモンですが、
この男性ホルモンは皮脂の分泌量を多くしたり、お肌の角質層を厚くしてしまう作用もあるんです。

角質層が厚くなると、毛穴が角質で覆われやすくなるので、そこに毛穴から出た皮脂が詰まってニキビができやすくなってしまいます。

そのため、思春期のニキビケアというと『皮脂をしっかり取る!』タイプの洗顔が多いですが、これは実は逆効果です。

そういった洗顔で皮脂を取れば取るほど、お肌の中はどんどんカラカラに乾燥してしまい、
焦ってさらに皮脂を出そうとしてしまいます。

熱い蒸しタオルや熱いお湯で皮脂をしっかり取ろうとするのは、さらなる皮脂過剰を招いてしまうのでやめておきましょう。

思春期ニキビは触らないのが1番の治療

自然に出る男性ホルモンを止めることはできないので、思春期ニキビは触らないでぬるま湯で優しく洗顔する程度が1番の治療法です。

アクネケアなどのニキビケアは、さらにニキビを悪化させてしまうので、やめておきましょう。
アクネケアでお肌がボロボロ!?アクネ菌のケアではニキビが治らない理由

また、市販の洗顔は石油由来の合成界面活性剤がたっぷり入っています。
合成界面活性剤は汚れをしっかり落とす効果もありますが、同時にお肌の中の潤いも一緒に奪ってしまいます

お肌の中の潤い層は、一度洗い流されると回復するのに数週間かかってしまうので、とりあえず手っ取り早く出せる皮脂を出して潤いを保とうとします。
そのため、合成界面活性剤が入っている洗顔で洗えば洗うほど、どんどん皮脂過剰を招いてニキビができやすくなってしまうんです。

食べるものにも注意してみる

思春期のニキビはスキンケアではなく、ホルモンバランスを整えて、過剰に男性ホルモンが出ないようにすることと、体の中からのケアのほうが大切になってきます。

思春期は食べ盛りですが、お金をできるだけかけないように菓子パンやファストフード、スナック菓子などをたくさん食べがちですよね。
しかしそのような糖質+脂質+添加物+トランス脂肪酸のような食べ物は、皮脂の分泌をどんどん促してしまいます

ジャンクフード

また、添加物やトランス脂肪酸は体にとっては毒になるので、これを無毒化するのにたくさんのビタミンやミネラルが使われます。

そうすると、お肌の代謝が落ちて角質が溜まりやすくなり、毛穴を塞いでニキビを作りやすくしてしまいます

思春期などの若いうちは代謝もいいのでお肌の代謝もすごくいいですが、それでもニキビができるというのはそういった食べ物を食べ過ぎている可能性があります。

ニキビを治すために食べたいのは、お肌の細胞の材料となるタンパク質(お肉やお魚、卵や豆腐など)とビタミンの多い野菜です。

お菓子や菓子パンなど食べないとお腹がすいてもたない!という方は、コンビニにあるサラダチキンや唐揚げ、ゆで卵などはお値段も安くタンパク質が多いのでおすすめです。

夜更かしも控える

夜更かし

夜更かしをして寝不足になると、自律神経が乱れて交感神経が過剰に優位になりやすくなります。
交感神経は体を活発にする作用がありますが、皮脂の分泌も促してしまう作用があるので、交感神経が優位になりすぎると皮脂過剰を招いてニキビの原因になります。

また、夜更かしをするとお肌の代謝が悪くなり、古くなった角質が毛穴を塞いでニキビを作りやすくしてしまいます。

まとめ

思春期のメンズニキビの1番の原因は男性ホルモンが原因ですが、スキンケアでなんとかするよりも、スキンケアはシンプルにぬるま湯で優しく洗う程度にしておき、食生活や生活習慣を見直すことから始めましょう。

特に食生活は乱れやすいので、ご家族の協力も得ながら少しずつ変えてみましょう。

スキンケアを変えるだけで、10年間悩んだニキビがキレイに

1か月どろあわわを使った結果

▶▶10年間ニキビに悩まされた私のニキビが、1か月でキレイになったスキンケアとは?

サブコンテンツ

このページの先頭へ