混合肌ニキビの原因とは?正しい洗顔とスキンケア方法もご紹介

混合肌の原因は、お肌の中が乾燥し部分的に皮脂が過剰に出たり乾燥したりすることとだとご紹介しました。

混合肌の原因は間違った化粧品選びにあり!

では混合肌になることでニキビができる原因はなんでしょうか。
混合肌ニキビの原因をご紹介していきます。

混合肌ニキビの原因はTゾーンとUゾーンで違う?

混合肌の原因は、お肌の中が乾燥し、皮脂が過剰に出る箇所と出ない箇所で、脂性肌と乾燥肌が混ざることにありましたよね。

そのため、皮脂が多く出ている箇所と乾燥している箇所でニキビができる原因が変わってきます。

皮脂が多い場所のニキビの原因

お肌の中の細胞間脂質が減ると、お肌の細胞と細胞はひっつき剥がれにくくなってしまいます。

細胞間脂質があることで、1枚ずつスムーズに剥がれることができるんですね。

そのため、古くて剥がれるべき細胞がいつまでもお肌に残り、毛穴を塞いでしまいます。

混合肌

そのうえ皮脂が過剰に出てしまい、どうしても毛穴が詰まってしまい、そこにアクネ菌が繁殖しニキビができてしまいます。

皮脂が出ず乾燥する場所のニキビの原因

皮脂が出ない場所も同様、古い角質が毛穴を塞いでいる事には変わりません。

そのうえ、乾燥している状態が長く続くと毛穴が細く弱くなってしまいます

そうすると、ちょっとしたことで毛穴が詰まり、すぐにニキビができてしまいます。

乾燥しているとニキビができなそうですが、実はニキビができやすい状態なんですね。

 原因はどちらもお肌の中が乾燥していること

おおもとの原因は、どちらのニキビもお肌の中が乾燥していることにあります。

そのため、テカるところだけ皮脂を抑えるケアをしたり、乾燥するところだけしっかり保湿したりなど部分的なケアするよりも、お肌の中を乾燥させないことの方が大切です。

そのためにも、お肌の中の潤いを奪ってしまう、石油系の成分が入っているクレンジングや洗顔料を使用しないようにしましょう。

スキンケアを変えるだけで、10年間悩んだニキビがキレイに

1か月どろあわわを使った結果

▶▶10年間ニキビに悩まされた私のニキビが、1か月でキレイになったスキンケアとは?

サブコンテンツ

このページの先頭へ