頬にできる思春期ニキビの治し方

思春期になってニキビに悩む人は増えますよね。
成長ホルモンでバランスが崩れるのと同時に、受験や部活などで忙しくストレスも溜まりやすいので
ニキビができやすくなってしまいます。

そんな中でも、頬にできてしまう思春期のニキビについてご紹介したいと思います。

思春期にできる頬のニキビの原因

思春期にできる頬のニキビは、食生活と睡眠不足が一番の理由に上げられます。

頬にできる思春期ニキビ

頬は元々皮脂が出にくいため、大人になっても頬にニキビが出来る場合は
乾燥による乾燥ニキビの可能性も高いのですが、
思春期にできる頬のニキビは、食生活の乱れや睡眠不足が原因になることが多いんです。

特に思春期は成長期でもありますから、午後にお腹が空いたりすると、お菓子や菓子パンなど食べていませんか。
また、社会人ほどお金がないので、ファストフードやコンビニのおにぎりなどに頼りがちです。
ジュースやアイスなんかも、日常で食べたり飲んだりしていませんか。
こういった食生活は、頬のニキビを作る原因になってしまいます。

睡眠不足も頬のニキビを作りやすくしてしまいます。
受験勉強で睡眠時間が短くなったり、今はスマホやパソコンが発達しているので、夜遅くまで起きていたりすると
成長ホルモンが一番分泌される夜10時から2時に寝れなくなり、
肌のターンオーバーが遅れてしまいます。
そうすると古い角質がいつまでもお肌に残り毛穴を詰まらせる原因になるので、
ニキビができやすくなります。

特に、ポツポツした白ニキビではなく、赤く腫れて怒ったようなニキビ
体からの「もっと食生活や睡眠に気をつけて!」というSOSのサインです。

赤いニキビが出来てしまったら、お菓子やジュースなどを控えましょう。

思春期にできる頬のニキビの治し方

思春期にできる頬のニキビを治すには、食生活を見直し、しっかり睡眠を取るのが一番効きます。
食生活では、パンや麺類などの炭水化物ばかりでなく、野菜もしっかり食べましょう。
また、お菓子はできるだけ控え、3食しっかり食べるようにしましょう。

睡眠は、できるだけ夜の10時から2時の間は寝ている事が好ましいです。
勉強が忙しければ、早く寝て、朝起きてからしたり、
ゲームや漫画、スマホの使用などはできるだけ控え、
早めにお布団に入りましょう。

スキンケアを変えるだけで、10年間悩んだニキビがキレイに

1か月どろあわわを使った結果

▶▶10年間ニキビに悩まされた私のニキビが、1か月でキレイになったスキンケアとは?

サブコンテンツ

このページの先頭へ