ルイボスティーで大人ニキビが改善される!その理由とは

顎や口周りにできる大人ニキビに悩まされていませんか。

大人ニキビは繰り返しできることが多く、特に顎や口周りのニキビは赤くて痛いニキビだできやすいので、一度できてしまうと治りが悪い上に跡が残りやすいという特徴もあります。

そんな大人ニキビに、ルイボスティーが効くと人気があります。

ルイボスティーはノンカフェインで妊婦さんや夜中でも安心して飲めますし、大人ニキビだけでなく浮腫みや便秘、生理痛にも効果があるので女性にはとてもおすすめなお茶です。

そこで、ルイボスティーのニキビへの効果やその他の美容効果、飲み方などご紹介したいと思います。

ルイボスティー2

ルイボスティーのニキビへの効果

ルイボスティーは南アフリカ原産のお茶で、カルシウムやマグネシウム、鉄分などのミネラルがとても豊富なお茶です。
中でもルイボスティーがオススメな理由は、その抗酸化力にあります。

酸化、というと体がサビる、というイメージがあるかもしれませんが、実はニキビにも影響してきます。
毛穴に詰まった皮脂が酸化することで、活性酸素という物質を発生させます。

活性酸素はシミの原因になるだけでなく、毛穴を傷付けて炎症を起こし、黄ニキビや赤ニキビなどの炎症ニキビを作ってしまいます。

ルイボスティーにはSOD酵素という酵素が豊富で、抗酸化力がとても強いので、体の酸化を食い止めるだけでなく、皮脂の炎症を防ぎニキビができるのを防いでくれるんですね。

ルイボスティーのその他の美容効果

ルイボスティーに含まれるマグネシウムには、便に水分を与えて柔らかくし、便秘を解消する効果もあります。
便秘からくる肌荒れや浮腫みに効くので高い美容効果が期待できます。

また、血液をサラサラにする効果があるので、代謝アップに繋がりダイエット効果冷え性解消効果もあります。

血流がよくなることで、浮腫みが解消されやすくなるので、下半身の浮腫みに悩んでいる方にもオススメです。

カルシウムやミネラル、亜鉛等がお肌を修復する効果もあるので、できてしまったニキビのニキビ跡やシミ、シワにも効果があり、ルイボスティーを飲むとお肌が艶やかになったり、毛穴も小さくなるという口コミが多数あります。

ルイボスティーは何杯飲んでも大丈夫

ルイボスティーは緑茶やウーロン茶と違ってカフェインが含まれていないので、夜寝る前や妊娠中、授乳中の方でも安心して何杯でも飲むことができます。
特に冬は温めて飲むことにより、お腹を温めて代謝を上げる効果やお通じをよくする効果もあります。

味が苦手な方も多いですが、その場合は薄めて飲むと飲みやすいです。
ただ、ニキビへの効果を期待する場合、10分間ティーバッグを浸したものをコップで6杯以上飲むといいので、薄める場合はけっこうな量を飲む必要があります。

飲み慣れるとだんだん美味しく感じてくるので、ニキビ解消のために普段のお茶をルイボスティーにしてみてはいかがでしょうか。

スキンケアを変えるだけで、10年間悩んだニキビがキレイに

1か月どろあわわを使った結果

▶▶10年間ニキビに悩まされた私のニキビが、1か月でキレイになったスキンケアとは?

サブコンテンツ

このページの先頭へ