リンパマッサージで治るフェイスラインニキビ

フェイスラインにできるニキビが、プツプツとした白いニキビでなく、
中にこもったようなニキビや赤く腫れたニキビ、紫色っぽくなっているニキビの場合、
リンパマッサージで治るかもしれません。

リンパマッサージ

フェイスラインは顔の中でもリンパの流れが悪くなりやすく、
溜まったリンパの中にある老廃がなんとか外に出ようと皮膚(毛穴)から出るため、
その老廃物が毛穴を傷つけ炎症を起こし、ニキビになってしまうのです。

特に慢性的な首のコリや肩のコリが気になっている方は、顔周りのリンパの流れや血液の流れが悪くなる可能性が高いです。
デスクワークで毎日パソコンを使っている方や、スマホをよく見る方は、
自分で気づいていなくても首周りや肩周りが凝ってリンパの流れが悪くなっていることが多いです。

老廃物がなんとか外に出ようとして、中にこもって腫れたようなニキビに見える場合、
リンパマッサージをしてみて下さい。

リンパって何?

そもそもリンパとは何でしょう。
リンパとは、血液から染み出る組織液のことで、
血液に含まれる血しょうという成分がリンパ管に回収されてリンパ液になります。

そのため、血管があるところには基本的にリンパ管もあり、全身を巡っています。

役割としては、老廃物の回収を主にしていて、その他、細菌の退治ウイルスの抗体を作ったりもしています。

全身に張り巡らされているリンパ菅ですが、血管と違うのは、
血管はポンプの役割となる心臓があるのに対し、リンパ菅にはそれがなく、筋肉の収縮によって運ばれます。

そのため、運動不足だったり筋肉量が少なかったり、
筋肉のコリがあるとスムーズに流れず滞ってしまいます。

また、リンパ菅にはリンパ菅がたくさん集まるリンパ節という場所があり、
膝の裏や太ももの付け根などにあります。

このリンパ節は耳の下と首の付け根にもあり、
ここが滞るとそれより上にある顔のリンパの流れが悪くなるので、
老廃物が溜まって毛穴から出てきてニキビの原因となります。

フェイスラインニキビを治すリンパマッサージのやり方

やり方は簡単です。

まず、耳の付け根あたりを揉んでほぐしていきます。
ここにリンパ節がありリンパが溜まりやすいので、
シコリのようなものがあり詰まっている人は念入りにほぐしましょう。

そのあと、そこから鎖骨のくぼみに向かってほぐしていきます。
顔のリンパは首から鎖骨へ流れるので、まずはここからリンパを流しましょう。

首のリンパが詰まっていると、いくら顔のリンパを流そうとがんばっても、
首のところでストップしてしまいます

首のリンパが流れたら、最後に顎から耳の付け根に向かってマッサージしていきましょう。

マッサージをする時は、お風呂上がりなどの清潔な時がお勧めです。
クリームや乳液をつけて滑りをよくしてからマッサージしましょう。
滑りが悪いと肌に負担がかかり、余計肌荒れする可能性があるので、クリームはたっぷりつけましょう。

ニキビはこすると摩擦で悪化してしまう可能性があるので、
ニキビは避けるのがいいですが、ニキビがたくさんあり避けきれない!
という時は、押しもしながらリンパを少しずつ流すのでも効果があります。

スキンケアを変えるだけで、10年間悩んだニキビがキレイに

1か月どろあわわを使った結果

▶▶10年間ニキビに悩まされた私のニキビが、1か月でキレイになったスキンケアとは?

サブコンテンツ

このページの先頭へ