フェイスラインのニキビが痒くなった時の対処法

フェイスラインのニキビ、痒くなることはありませんか。
おでこや鼻のTゾーンより、Uゾーンと呼ばれるフェイスラインのニキビは
痒みを伴うことが多いのです。

痒みを伴うと、無意識に触ったり掻いてしまい、
ニキビを悪化させる原因にもなってしまいますし、
掻いたところが色素沈着を起こしたりニキビ跡を残す原因にもなってしまいます。

頬にできるニキビの痒みでもお話しましたが
頬やフェイスラインのニキビは、乾燥によるニキビのことが多いのです。

肌は乾燥すると硬くなりますが、同時に皮膚を潤そうと皮脂をたくさん出そうとします。

そうすると皮脂が毛穴に詰まりやすくなり、ニキビの原因になります。

しかし乾燥が治らない限り、乾燥による痒みも伴ってしまうのです

乾燥

フェイスラインニキビの痒みを防ぐ方法

この痒みを防ぐには、乾燥を防ぐことと、しっかり保湿することが重要になります。

乾燥を防ぐには、熱いお湯での洗顔をやめましょう

お風呂に入った時に洗顔もしている方は、熱いお湯でそのまま顔も洗う方が多いですが、
お湯で洗ってしまうとお肌に必要な潤いまで一緒に洗い流してしまうので、
顔を洗う時はぬるま湯で洗いましょう。

またフェイスラインは洗顔料のすすぎ残しが多い場所でもあります。

顔の中心はしっかり洗えていても、髪の毛の生え際やフェイスラインは
洗顔料が残ったままで、これがニキビや肌荒れ、乾燥の原因にもなるので気をつけましょう。

化粧水や乳液などを塗る時は、頬だけでなくフェイスラインまでしっかり塗りましょう。
意外とフェイスラインは塗れていないことも多いので、
最初は鏡を見ながらがいいかもしれません。

髪の毛による刺激をなくそう

フェイスラインのニキビの痒みは、他にも髪の毛による刺激が原因になっていることもあります。

意識していなくても、なんとなく髪の毛があたっていることもあるので、
ニキビや痒みがある時は、髪をしばったりピンでしっかり留めて、
顔に髪の毛がかからないようにしましょう。

洗顔選びも慎重に

洗顔の選び方を間違えてしまうと、どんなに一生懸命保湿しても、
洗顔の時にお肌の中の潤いが奪われてしまっているので乾燥は改善されません

しかも表面的なお肌の潤いではなくお肌の中の潤いなので、
乾燥や痒みだけでなく、シワやタルミの原因にもなってしまいます。

洗顔選びのポイントは、石油由来の合成界面活性剤が入っていないかということです。
石油由来の合成界面活性剤は洗浄力が強く、安く大量生産できるので、
ドラッグストアなどで売っている洗顔料にはかなりの割合で入っています。

成分表記名としては

  • ラウリル硫酸ナトリウム
  • ラウレス硫酸ナトリウム
  • ラウリル硫酸アンモニウム
  • ラウレス硫酸アンモニウム
  • スホルン酸ナトリウム
  • キシレンスホルン酸アンモニウム

などです。
これらの成分が入っていたら、この成分でニキビや肌荒れが起きている可能性が高いです。

また、石油由来の合成界面活性剤は200種類以上あるとも言われているので、
これら以外にも考えられます。

色々気を付けているのに、お肌の乾燥や皮脂過剰、ニキビ、クスミ、シミ、シワが改善されない、
という時は、一度洗顔を見直してみましょう。

スキンケアを変えるだけで、10年間悩んだニキビがキレイに

1か月どろあわわを使った結果

▶▶10年間ニキビに悩まされた私のニキビが、1か月でキレイになったスキンケアとは?

サブコンテンツ

このページの先頭へ