ポイントメイク落としは必要?ニキビを作らないための正しいクレンジング方法

化粧品売り場でよく見るポイントメイク落とし、使っていますか?

ポイントメイク落としはアイメイクやリップメイクなどの
落ちにくいメイクを落とすための専用クレンジングです。

アイラインやマスカラ、口紅やグロスなどをした日は、
ポイントメイク落としを使う事をオススメします!

ポイントメイク落とし

なぜなら、乳液タイプやクリームタイプのメイク落としでは
しっかり落としきれず、落としきれなかったメイクは色素沈着の原因となります。

目元はクマになりますし、唇はどんどんくすんでしまいます

しかし、それらをしっかり落とせるオイルタイプのメイク落としなどは、
頬やおでこなどの肌には刺激が強すぎます

お肌に必要な潤いまで落としてしまい、
乾燥したお肌は潤いを与えようと皮脂を過剰に出します。
すると毛穴に皮脂が詰まりやすくなって、ニキビの原因となります。

そのため、目元や口元のメイクはポイントメイク落としで落とし、
その後お肌に優しい乳液タイプやクリームタイプのクレンジングでメイクを落としましょう。

ポイントメイク落としを使う時はゴシゴシこすらず、
優しく拭くように心がけましょう。

落としにくいアイラインなどは綿棒にクレンジングをつけて、
目の際までしっかりメイクを落としましょう。

正しいポイントメイク落としの使い方

1.コットンにたっぷり染み込ませる

コットンにたっぷり染み込ませる

コットンにメイク落としをたっぷり染み込ませます。

2.まぶたに10秒乗せる

まぶたに10秒乗せる

まぶたに10秒乗せて、アイシャドウを落としていきます。
けっして擦らず、乗せて、馴染ませて優しく拭き取るイメージです。

3.半分に折って下まぶたに置く

半分に折って下まぶたに置く

半分に折って、下まぶたにそっと添えます。

4.綿棒でマスカラを落とす

綿棒でマスカラを落とす

綿棒にもメイク落としを馴染ませ、コットンと綿棒でまつげを挟んでマスカラを落としていきます。

まつげの根元から毛先に向かって滑らせるとうまくいきます。

綿棒が黒くなったら新しい綿棒に変えて何回か繰り返します。

5.綿棒アイラインを落とす

綿棒アイラインを落とす

最後に綿棒でアイラインも落としていきます。
粘膜に引いたアイラインもここで落としましょう。

スキンケアを変えるだけで、10年間悩んだニキビがキレイに

1か月どろあわわを使った結果

▶▶10年間ニキビに悩まされた私のニキビが、1か月でキレイになったスキンケアとは?

サブコンテンツ

このページの先頭へ