どうしても治らないニキビにホルモン治療(ピル治療)

通常のニキビケアを頑張っているのに、繰り返しできるニキビに悩まされている。
生理前になるとニキビが悪化する。

そんな時はホルモン治療が効くかもしれません。
ホルモン治療は低用量ピルを使用した治療法ですが、ピルは副作用があるなどホルモン治療には抵抗がある方も多いのではないでしょうか。

そこで、ピルを用いたホルモン治療の方法や副作用などご紹介していきます。

ピルを用いたホルモン治療がニキビに効く理由

ピルには生理の周期を整えたり生理痛を軽くするだけでなく、ホルモンバランスを整える効果があります。

ホルモンバランスが崩れると、男性ホルモンの分泌量が増えますが、男性ホルモンの分泌量が増えると、皮脂の分泌量が増えます。
特に、男性の髭が生えている場所であるフェイスラインと、鼻の下の皮脂分泌量が増えます

また、男性ホルモンの分泌量が増えると、角質が分厚くなります

そうすると、角質が毛穴を塞ぐ上、皮脂の分泌量が増えるのでニキビができやすくなります。

ピルは、女性ホルモンの分泌量を増やし、男性ホルモンの分泌量を落ち着かせます。
そのため、ニキビができにくくなると考えられています。

実際にひどいニキビで悩まされている女性の中には、生理不順だったり、生理が来ていても無排卵だったという女性が多いようです。

ニキビ治療に効くピルはどれ?

ニキビ治療に用いられるピルは、低用量ピルと言われているピルですが、その中にもいくつか種類があります。
特に、男性ホルモンを抑える作用があるピルと、男性ホルモンをあまり抑えないピルの2種類があります。

男性ホルモンを抑えるピル

  • マーベロン(第3世代1相性)
  • ノベロン(第3世代1相性)
  • ヤーズ(第4世代1相性)
  • ヤスミン(第4世代1相性)

男性ホルモンをあまり抑えないピル

  • トリキュラー(第2世代3相性)
  • アンジュ(第2世代3相性)

もちろんトリキュラーやアンジュがニキビを抑える効果がないわけではありませんが、初めて飲むならマーベロンやヤスミンがおすすめです。

ピルの値段はいくら?

ピルの値段は大体2,000円~3,000円程度です。
28日で1シートなので、毎月その金額と、半年に一度血液検査をします。

ピルの副作用としてまれに血栓症になる方がいるので、その症状が出ていないかを検査します。
その検査も2,000円~3,000円程度であることが多いようです。

ピルの副作用は?

ピルの副作用は、吐き気、頭痛、不正出血などが挙げられます。
大体は飲み始めてすぐ副作用が出ますが、数日~数週間で落ち着きます

しばらく経っても副作用が収まらない場合は、ピルの種類を変えてもらいましょう。

ピルの効果はいつから出る?

ピルの効果は大体ホルモンが整う2~3ヶ月後から効果が表れます。
それまでは体がピルに慣れず、一時的にニキビが悪化する人もいます。

しかし、大体3ヶ月目あたりから落ち着きキレイになるようなので、まずは3ヶ月試してみるといいかもしれません。

スキンケアを変えるだけで、10年間悩んだニキビがキレイに

1か月どろあわわを使った結果

▶▶10年間ニキビに悩まされた私のニキビが、1か月でキレイになったスキンケアとは?

サブコンテンツ

このページの先頭へ