ビタミンCのイオン導入で効果的にニキビ治療が可能

ニキビ治療と言えば、ビタミンCのイオン導入!というくらい、イオン導入はとてもメジャーなメニューですよね。

しかしビタミンCがどんな風にニキビに効くのか、副作用はないのか、いくらくらいかかるのか、というよりコスパはどうなのか、等々気になることは色々ありますよね。

そこで、ビタミンCのイオン導入について、ニキビへの効果や料金などご紹介していきたいと思います。

そもそもイオン導入って何?

そもそも、イオン導入って何?という方も多いと思います。

名前は有名ですが、なんとなくお肌の奥に成分が届きそう、というイメージでしょうか。

実はお肌は、細胞が何層にも何層にも重なっています。
中から外に向けて新しい細胞が作られ、どんどん古くなった細胞を外に押し出していきます。

その際、一番表面にある角質層と呼ばれる箇所では、細胞はもう既に死んでいて、いわゆる「角質」という状態になっています。

普段はこの角質層が、お肌のバリア機能も司っています

お風呂に入っても、体がどんどん水を吸収しないのは、この角質層が「外からの異物を中に入れないようにバリア」しているからなんです。

そりゃそうですよね、なんでもかんでもお肌の中に通してしまっていたら、体に悪い物質なども筒抜けになってしまいます。

しかしこれがこと美容のお話になると、美容成分が奥まで浸透してくれない、というデメリットへと変わってしまうんです。

ビタミンCやプラセンタがお肌にいいと分かり、お肌にたくさん塗っても、死んだ細胞の集まりである角質層にしか入っていかず、お肌の奥には全然届かないんですね。

それを何とかして、お肌の奥に届けよう!としたのがイオン導入です。

イオン導入は、微弱の電流を流すことで、そのバリア機能を一時的に緩め、成分をお肌の奥に届けることができるんですね。

ビタミンCのイオン導入がニキビに効く理由

ビタミンCには、コラーゲンの生成を促しお肌のハリをアップさせる効果があります。
そのため、毛穴が小さくなり、詰まりにくくなるのでニキビができにくくなります。

また、新陳代謝を促し、シミや色素沈着を薄くする効果もあるので、できてしまったニキビ跡を薄くするのにもとても有効です。

それから、炎症を抑える効果があるので、赤く炎症した赤ニキビや黄ニキビを鎮めるのにはもってこいの成分なんです。

ビタミンCのイオン導入の副作用

びたみんCのイオン導入では、副作用は特にありません

以前のイオン導入では直流電流を用いてイオン導入をしていたので、稀に火傷をする方がいたようですが、今は改良されて交流電流になったので、火傷の心配もありません。

もしビタミンCのイオン導入でお肌が炎症するようなことがあれば、それは使っている化粧品に防腐剤やお肌によくない成分が入っていて、それにお肌が反応しているのだと思います。

なにせ、いつもよりお肌の奥に成分が届きますからね。

そのため、美容外科などでイオン導入をする時は、きちんとした化粧品や薬品を使っているか、口コミやHPを見て確認する必要がありそうです。

ビタミンCのイオン導入の値段

大体相場は1回5,000円です。

ビタミンCのイオン導入は週に1度くらいが理想、と言われているので、継続していくにはちょっと値が張りますよね…

また、家庭用のイオン導入機もありますが、家庭用のものは素人でも使用できるようかなり電流が微弱なんですね。
そのため毎日使用することを推奨されていますが、大体本体が2万円~5万円、専用のローションが5,000円くらいですね。

美容の専門家にも大人気の美顔器

個人的には、美顔器などで栄養を与えることよりも、まずはきちんと汚れを落とし、お肌のターンオーバーを正常にすることが、ニキビを作らず健康的なお肌を作る近道だと思っています。

ただ、そのうえで美顔器を取り入れるととても効果があるようですね。

家庭用であればビタミンC以外もイオン導入できるので、ニキビだけでなくシミやしわ、たるみに悩んでいる方にはおすすめです。

スキンケアを変えるだけで、10年間悩んだニキビがキレイに

1か月どろあわわを使った結果

▶▶10年間ニキビに悩まされた私のニキビが、1か月でキレイになったスキンケアとは?

サブコンテンツ

このページの先頭へ