クリアタッチのニキビへの効果と副作用、費用

皮膚科のニキビ治療法は種類がたくさんあり、どれがいいのか迷ってしまいますよね。
今回はその中でも有名なクリアタッチというニキビ治療法について、ニキビへの効果や副作用、費用、口コミなどをご紹介ていきたいと思います。

cleartouch

クリアタッチのニキビへの効果

クリアタッチは2色のレーザーをお肌にあてていく治療法です。
1色目は青色〜緑色にかけてのレーザー、2色目は赤色のレーザーです。

この色のついたレーザーが、お肌やニキビに対してそれぞれちがう働きをしてくれます。

青色〜緑色のレーザー

青色〜緑色のレーザーは、ニキビの毛穴の中にいるアクネ菌が出すポルフィリンという有機化合物に半のして、活性酸素を発生させます。
この活性酸素が今度はアクネ菌を殺菌するため、炎症しているニキビを早く治す効果があります。
また、活性酸素は皮脂腺も攻撃してくれるので、皮脂が過剰分泌されるのを防ぐ効果もあります。

赤色のレーザー

赤色のレーザーには抗炎症作用があるため、炎症ニキビの治りを早くしたり、赤く残ったニキビ跡の治りを早くする効果があります。

また、赤は波長が長くお肌の奥まで届くので、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などを生成する「繊維芽細胞(せんいがさいぼう)」という細胞まで届きます。

この繊維芽細胞が刺激されることで、コラーゲンやエラスチンの生成が促されるため、お肌にハリを与えたり、保湿力をアップさせる効果もあります。
コラーゲンが生成されてお肌にハリが戻ると、開いていた毛穴が閉じやすくなり、たるみ毛穴や毛穴の黒ずみも解消されやすくなり、毛穴の詰まりも解消されてニキビができにくくなる効果もあります。

レーザーの温熱効果

また、レーザーをあてる事自体にも、ニキビに効果があります。
クリアタッチであてるレーザーは大体60度くらいなので、ニキビのもととなるアクネ菌や黄色ブドウ球菌などを一瞬で殺菌する効果もあります。
また、温めることで毛穴の角栓を溶かして出しやすくするので、ニキビの元を解消するという効果もあります。

クリアタッチの副作用

クリアタッチはほとんど副作用がありませんが、お肌にレーザーを照射するため痛みがあったり、炎症が長引くことがあります。
基本的には炎症もすぐ治まるので、帰りにメイクをして帰れる程度ですが、なかなか炎症が引かない場合は医師に相談しましょう。

また、リスクとして効果が薄い、ということもあります。
クリアタッチは比較的お肌に優しいうえ、できているニキビやニキビ跡の治りを早くする効果は期待できますが、新しくできるニキビを予防する効果は薄いため、回数を重ねて通わないとお肌がキレイにならない、という口コミもあります。

病院でも大体8回通うのを1セットにしていますが、8回だけではまだまだ赤みが引かなかったり、ニキビができる方もいらっしゃいます。

クリアタッチでニキビやニキビ跡の治りを早くしつつ、抗生物質などでニキビができにくくする皮膚科も多いようです。

クリアタッチの費用

クリアタッチは病院によってもかなりお値段に差がありますが、1回あたり3,000円でできるところもあれば、1万円するところもあります。
また、顔だけでなく背中やデコルテにも照射できますが、顔よりも範囲が広いため、それよりも費用は上がります。

クリアタッチは重ねて通わないと効果がなかなか実感できないため、週に1~2回を合計8回もしくは16回でセットになっているところが多いです。
費用が安いクリニックで週に1度ペースで通えば月に1万円ちょっとで済みますが、効果を早く実感したい方は週に2回がおすすめです。

クリアタッチは「医療行為」といって、医師が常駐する病院でなければ施術をしてはいけません。
金額だけで選ばす、きちんとした医師がいる皮膚科で受けるようにしましょう。

スキンケアを変えるだけで、10年間悩んだニキビがキレイに

1か月どろあわわを使った結果

▶▶10年間ニキビに悩まされた私のニキビが、1か月でキレイになったスキンケアとは?

サブコンテンツ

このページの先頭へ