虫歯が原因で顎ニキビができる?意外な関係とは

虫歯何をやってもなかなか治らない顎やフェイスラインのニキビ。
もしかしたら、原因は虫歯かもしれません。

ニキビと虫歯なんて、一見関係がなさそうに見えますが、実は深い関係があったんです。

スキンケアや食生活を見直してもなかなニキビが治らない、何年も歯医者に行ってない…
そんな方は一度虫歯を疑ってみましょう。

虫歯が原因でニキビができる理由

虫歯とニキビ、まったく関係がないように思えますが、実は深い関係があります。

虫歯ができて悪化していくと、歯茎に膿が溜まったり、虫歯菌が出す毒素が溜まっていきます。
毒素が少ないうちは血液やリンパを通して体外に排出されていきますが、毒素の量が増えていくと、それだけでは間に合わず、皮膚を通して出そうとします

その時に、毛穴を傷付けたり炎症を起こしてニキビができてしまうんです。

特に、歯茎が近い顎やフェイスラインは毒素の影響を受けやすいので、繰り返しニキビができてしまうんですね。

毒素だけじゃない、虫歯がニキビに繋がる理由

虫歯菌が出す毒素も怖いですが、虫歯になるとニキビができやすくなる原因は他にもあります。

  • 痛みによるストレス
  • 咀嚼が十分にできずに消化不良を起こしている

この2つは虫歯が痛い、という前提ですが、虫歯が痛みだすと体はストレスを感じます。
このストレス強くなると、自律神経を乱して皮脂分泌を過剰にしてしまったり、ビタミンを消費してお肌のターンオーバーが遅れて毛穴を塞いだりしてしまいます。

また、痛みがあり咀嚼が十分にできず消化不良を起こしてしまうと、お肌に必要な栄養素が上手く吸収できなかったり、便秘の原因になってしまいます。
便秘になると腸の中で食べたものが腐敗して有毒なガスを発生させてしまい、全身に巡りニキビを作る原因にもなります。

虫歯によるニキビを治すには

虫歯によるニキビを治すには、虫歯を治すしかありません。
もちろん自分では治せないので、歯医者さんにいって治しましょう。

ただ、虫歯の本数によっては完全に治療するまで少し期間が必要ですよね。
1本でも、歯を診てもらう日、削ってもらう日、詰め物をしてもらう日…と日にちが必要です。

その間にもニキビが悪化してしまう、という時は、マッサージがおすすめです。
虫歯菌が出す毒素が顔から出てこないようにリンパや血液の流れをよくすることで、ニキビができる確率を下げることができます。

マッサージ方法

マッサージの仕方としては、顎から耳の下に向かって、フェイスラインに沿って優しマッサージしていきます。
10回ほどマッサージしたら、今度は耳の下から鎖骨に向かってリンパを流していきましょう。

リンパマッサージ

マッサージする時は、乾いた状態で行うとお肌に負担をかけてしまい、さらにニキビを作る原因になってしまうので、マッサージクリームを使ったり、洗顔後に乳液やクリームをしっかりつけて行いましょう。

スキンケアを変えるだけで、10年間悩んだニキビがキレイに

1か月どろあわわを使った結果

▶▶10年間ニキビに悩まされた私のニキビが、1か月でキレイになったスキンケアとは?

サブコンテンツ

このページの先頭へ