脇にできるニキビは制汗剤のつけすぎ?脇ニキビの原因と治し方

脇にニキビができたことはありませんか。

脇は自分でもあまり見ることがないので、気が付いたら悪化していることも多く、意外と痛いので早めの対処することをおすすめします。

そこで、脇にニキビができる原因と、治し方、予防する方法などをご紹介していきます。

脇にニキビができる原因

脇にニキビができる大きな原因は、制汗剤の付けすぎです。
特に夏は脇のにおいが気になって、1日に何度も制汗剤をつけたりしていませんか。

脇

制汗剤はもともと毛穴から出る汗を抑える効果があるので、毛穴を塞がれてニキビの原因になってしまいます。

他に大きな原因としえてはムダ毛の処理方法が間違っている可能性も考えられます。

女性であれば大体の方はムダ毛処理をしているかと思いますが、その際に強引に抜いたり、キレイにしようとカミソリを強めにあてたりすると皮膚が傷つき雑菌が入りやすくなり、ニキビを誘発してしまいます。

脇のムダ毛を処理したあと皮膚が赤くなる方は要注意です。

脇のニキビを予防するには

脇のニキビを予防するためには、まず制汗剤のつける回数や量を減らしましょう。
そして、お風呂に入った際は、泡立てたボディソープできちんと洗って落としましょう。

意外と脇はサッと洗い流すだけで制汗剤が落ちていない方も多いので、やさしく丁寧に洗い制汗剤がお肌に残って毛穴を塞ぐのを防ぎましょう
ただ、ゴシゴシ洗ってしまうとお肌を傷付けてしまい、そこから雑菌が繁殖しニキビに発展してしまうかもしれないので、優しく洗うようにしましょう。

また、ムダ毛処理の際は、ワセリンや専用のクリームを使いお肌への負担を減らしましょう。
特にカミソリで処理する際は、上から下にカミソリをあてて、どうしても剃れなかった箇所だけ逆剃りするようにすると、あまりお肌に負担をかけずに済みます。

ムダ毛処理をした後はお肌はダメージを受けているので、しっかり保湿しましょう。
ボディクリームや普段使っている化粧水や乳液で大丈夫です。

同じところにできる場合はニキビではなく粉瘤の可能性も…

粉瘤(ふんりゅう)というのをご存知ですか。
粉瘤は毛穴の中に袋状の物ができ、そこに皮脂や汚れが溜まってしまう病気です。

赤く炎症することはほとんどなく、見た目は黒ニキビのようなもので、奥にしこりがあります。

粉瘤の場合、その袋状のものを手術で取り出さない限りそこに何度も皮脂や汚れが溜まってしまいます。

普段は大丈夫ですが、何かの拍子に化膿したり炎症を起こすこともあるので、粉瘤の可能性がある場合は一度皮膚科で診てもらいましょう。

スキンケアを変えるだけで、10年間悩んだニキビがキレイに

1か月どろあわわを使った結果

▶▶10年間ニキビに悩まされた私のニキビが、1か月でキレイになったスキンケアとは?

サブコンテンツ

このページの先頭へ