肩にできるニキビは日焼けや汗が原因?肩ニキビの原因とは

肩にぽつっとできてしまうニキビ。

オフショルダーやかわいいファッションが楽しめなかったり、プールや温泉で恥ずかしい…という悩みを抱えてしませんか。

体のニキビと言えば背中やデコルテが一般的ですが、肩にもできてしまうことがあります。

では肩にできるニキビは何が原因になっているんでしょうか。

肩ニキビの原因と治療法をご紹介していきます。

肩ニキビ

肩にニキビができる原因

肩にニキビができる原因は大きく分けて2つあります。

紫外線による日焼け

日焼け

夏になると肩を出したファッションがかわいいですよね。
海やプールで日焼けを楽しむ方も多いですよね。

しかし、日に当たると、皮脂が酸化して毛穴に詰まりやすくなり、ニキビの原因となります。

腕や首はしっかり日焼け止めを塗っているのに、肩は塗り忘れていた…ということって多くないですか。

その日焼け止めの塗り忘れによって、ニキビができているかもしれません。

汗によって雑菌が繁殖しやすくなっている

汗

暑い時期になると首から背中、デコルテにかけても汗をかきやすいですが、肩も汗をかいているんです。
また、デコルテや背中の汗によって肩周りも蒸された状態になり、雑菌が繁殖しやすい状態になっています。

そのため雑菌が毛穴を刺激しニキビができてしまいます。

肩ニキビを作らないためには

そんな肩ニキビを作らないためには、日焼け止めをきちんと塗って日焼けしないようにすることと、汗をかいた際はこまめに拭くことです。
肩の出ているファッションを楽しむ時は、紫外線の強い外に出る時はカーディガンや薄いストールなどを羽織るといいでしょう。

また、肩ニキビ以外にも顔やデコルテにもニキビができている場合は、睡眠不足やストレス、食生活の乱れが原因になっている可能性のほうが高いです。
睡眠不足や食生活の乱れによって体に毒素が溜まると、毛穴の数が多いデコルテや背中、顔などにニキビができやすくなります。

そういった場合はできてしまったニキビは触らないようにし、原因となっていることを改善しましょう。

顔にはできていないのに方やデコルテだけにニキビがある場合はボディソープが合っていない可能性もあります。
市販のボディソープには石油由来の界面活性剤が配合されているため、お肌が乾燥しニキビができやすくなります。

天然の油脂でできた石けんや、合成界面活性剤の入っていないボディソープで体を洗うようにすると、肩だけでなくデコルテや背中のニキビにも効果的です。

洗う時はボディタオルでゴシゴシ洗うのではなく、泡立てた泡を手に取って手で洗うほうがおすすめです。
優しく洗ってお肌を傷付けないようにしましょう。

スキンケアを変えるだけで、10年間悩んだニキビがキレイに

1か月どろあわわを使った結果

▶▶10年間ニキビに悩まされた私のニキビが、1か月でキレイになったスキンケアとは?

サブコンテンツ

このページの先頭へ