デコルテ(胸元)にできるニキビの原因と治し方

デコルテにできるニキビ。
夏場は特に胸元のあいた服が多いですし、水着になるのが恥ずかしくて憂鬱になりますよね。

デコルテは腕や脚に比べて毛穴の数が多いので、実はニキビができやすい場所なんです。

そんなデコルテにできるニキビの原因をご紹介していきます。

デコルテ

デコルテにニキビができる原因

汗が溜まっている

汗

デコルテは温かい季節になるとよく汗をかきますよね。

その汗を放ったままにしておくと、べたべたしませんか。
そのべたべたした汗に、ホコリやチリが付き、毛穴を塞いでしまい、ニキビの原因になってしまいます。

汗をかいてしまったら、シャワーをサッと浴びたり、ハンカチでやさしくふいてベタつきをとりましょう。

シャンプーやトリートメントが残っている

シャンプー

シャンプーやトリートメントを流した後、胸元にすすいだ後のお湯がついてしまいがちです。
そのお湯がついたままになると、毛穴を塞いでニキビになってしまいます。

シャンプーやトリートメントが終わってから、最後に体を洗うようにしましょう

髪の毛やスタイリング剤が刺激している

髪の毛が長い方は、髪の毛の先が触れて刺激になってしまいます。
また、スタイリング剤を付けている場合は、そのスタイリング剤がデコルテにつき、毛穴を塞いでニキビができてしまいます。

胸元に髪の毛が当たらないよう、胸元の閉じた服を着るか、髪の毛をまとめてしまいましょう。

紫外線による日焼け

日焼け

顔や首はきちんと日焼け止めを塗っているのに、デコルテはついそのままにいていませんか。

デコルテも日焼けをすると、皮脂が酸化し毛穴が詰まりやすくなります

デコルテにも日焼け止めを塗って対策しましょう。

ボディクリームなどの塗りすぎ

乾燥は乾燥でニキビのもとになってしまいますが、ボディクリームなどの油分の塗りすぎも毛穴を詰まらせてニキビの原因になってしまいます。

サッと塗る程度にしておき、重ね塗りなどは避けましょう。

ボディクリームも、手足など乾燥しやすいところはしっとりするものを使い、デコルテはさっぱりしたものを選びましょう。

デコルテ以外にも顔や首にニキビがある場合

デコルテ以外にもニキビがある場合、食生活や睡眠に問題がある可能性が高いです。

特に糖分の摂りすぎは、血中に中性脂肪を作ってしまい、毛穴から皮脂として出てきます。
中性脂肪からできた皮脂は毛穴に詰まりやすいので、顔だけでなく背中やデコルテにもニキビを作ってしまいます。

デコルテ以外のニキビにも悩まされている方は、甘いものを控えたり、炭水化物メインの食事を見直しましょう。

スキンケアを変えるだけで、10年間悩んだニキビがキレイに

1か月どろあわわを使った結果

▶▶10年間ニキビに悩まされた私のニキビが、1か月でキレイになったスキンケアとは?

サブコンテンツ

このページの先頭へ