命の母ホワイトはホルモンバランスからくるニキビに効く

命の母ホワイトは、もともと命の母という女性の更年期障害を和らげるための内服薬です。

それを20代~40代の女性のホルモンバランスを整えるための内服薬として改良されたのが、
命の母ホワイトです。

そんな命の母ホワイトがなぜニキビに効くのでしょうか。

ここでは命の母ホワイトがニキビに効く理由や副作用についてご紹介していきます。

命の母ホワイト

命の母ホワイトがニキビに効く理由

命の母ホワイトは11種類の生薬が配合されていて、
生理前と生理中のホルモンバランスを整え血の流れを良くする効果があります。

生理前はホルモンバランスが崩れやすく、ホルモンバランスが崩れることで、
皮脂分泌が多くなり毛穴を詰まらせニキビを作ってしまいます。

またホルモンバランスが崩れることで、
便秘になりやすかったり体が水分を溜めこもうとし、浮腫んだりします。

便秘になると、体に毒素が溜まるため、
その毒素が毛穴から出ようとしニキビになってしまいます。

命の母ホワイトはそのホルモンバランスを整えることで
皮脂分泌を抑えるとともに、便秘からくるニキビも防ぐ効果があるんですね。

加えて血液の流れをよくすることから、
遅れがちになるお肌のターンオーバーを整え、古い角質が毛穴を塞いでニキビができるのを防ぎます。

生理前や生理中にホルモンバランスが崩れるのを防ぐため、PMSの緩和や生理痛の緩和にも効果があります。

命の母ホワイトの副作用は?

命の母ホワイトは生薬(漢方)でできているので基本的には副作用はありませんが、
下記のような副作用が出ることもあります。

立ちくらみでめまいがする
頭がくらくらする
動悸がする
太る
胃が痛くなる
下痢になる

また、便秘や肩こりが治ったのに体重が増えた、など改善される点と副作用が出る点が別々だったりします。

このような副作用が出たら、使用を中止するか飲む量を減らして様子を見ましょう。

命の母と命の母ホワイトの違いは?

命の母と命の母ホワイトは成分的にはあまり変わりません。

ただ、命の母ホワイトには
血流をよくする成分がプラスで配合されています。

そのため、冷え性に悩む方や、顔色がよくない方は命の母ホワイトの方をおすすめします。

命の母ホワイトの飲み方

命の母ホワイトは、1日3回、食後に4粒ずつ飲みます。
生理前の症状が出始めたな、と感じた時から飲み始め、そこから2週間を目安に飲みます。

まずは2週間飲んでみて、様子を見ましょう。

また、15歳未満の方は服用できないので、注意しましょう。

スキンケアを変えるだけで、10年間悩んだニキビがキレイに

1か月どろあわわを使った結果

▶▶10年間ニキビに悩まされた私のニキビが、1か月でキレイになったスキンケアとは?

サブコンテンツ

このページの先頭へ