ミノマイシンのニキビへの効果と副作用

ニキビを皮膚科で診てもらうと、内服薬としてミノマイシンが処方されることがあります。

ミノマイシンは抗生物質の薬で、ニキビ用の薬としてもよく用いられます。

そんなミノマイシンのニキビへの効果や副作用をご紹介していきます。

ミノマイシン

ミノマイシンがニキビに効く理由

ミノマイシンは抗生物質の一つで、菌の働きを抑える効果があります。

そのためアクネ菌が増殖し、ニキビを抑える効果があります。

アクネ菌の増殖を抑えるので、白ニキビや黒ニキビには効果はなく、赤ニキビや黄ニキビなどのアクネ菌が繁殖し炎症しているニキビに効果があります

ミノマイシンは保険が効くお薬なので比較的安価で処方してもらえます。

また、効果もあると評判がいいお薬です。

しかし効果があるというのは、その分副作用の心配もあります。
ミノマイシンにも副作用がありますので、副作用が強く表れた場合は医師に相談し、服用を中止したり薬を変更してもらいましょう。

ミノマイシンの副作用

ミノマイシンには副作用があります。

代表的な副作用としては、めまいです。
その他には、下痢便秘頭痛嘔吐発疹などがあります。

一番よく表れるのがめまいと言われています。

また、これらの他にも長期間服用することで表れる副作用もあります。

それは、色素沈着薬の耐性ができてしまい、再度ニキビができてしまうということです。
あまり長い期間服用していると、ニキビが悪化したり、ニキビ跡が色素沈着を起こしてしまいます

そのためミノマイシンの服用は2週間程度にとどめておき、それ以上の服用は医師に相談しましょう。

長期間の服用は医師としっかり相談しましょう

ミノマイシンだけではありませんが、抗生物質というのはあまり長期間服用すると、その抗生物質に対抗しようと耐性菌という菌が体の中で作られてしまいます。

耐性菌は一度できてしまうと、二度と同じ抗生物質が効かなくなってしまい、だんだん飲める種類が少なくなっていってしまいます。

もちろん2週間飲んだ程度では大丈夫ですし、ニキビが治っていないのに、中途半端な時期に服用をやめたり薬を変えてしまうのはよくありません。
しかし、何ヶ月も服用を続けるような状態であれば、医師にきちんと相談し、服用期間を決めたり他の治療法に変えていきましょう。

スキンケアを変えるだけで、10年間悩んだニキビがキレイに

1か月どろあわわを使った結果

▶▶10年間ニキビに悩まされた私のニキビが、1か月でキレイになったスキンケアとは?

サブコンテンツ

このページの先頭へ