黄ニキビにはオロナインよりテラコートリルが効く!

ぷくっとした白ニキビやぽつぽつできる黒ニキビが悪化し、
炎症を起こして膿が溜まってしまっている黄ニキビ。

ニキビの中では1番悪化した状態で、下手をすると色素沈着のニキビ跡だけでなく、クレーター状のニキビ跡になってしまうこともあります。

そんな黄ニキビは、基本的にはあまり触らないほうがいいですが、放っておいて炎症が悪化するくらいなら、薬を塗って炎症を抑えるほうがおすすめです。

そこで、黄ニキビに効く市販薬をご紹介します。

オロナインでは効果が弱い?

ニキビ用の薬として、最近オロナインが効くと人気があります。

オロナイン

オロナインはもともと殺菌効果があるので、ニキビに繁殖してしまったアクネ菌を殺菌し、ニキビを落ち着かせる効果があるんですね。
しかし、オロナインはあくまで殺菌効果しかなく、炎症を抑える成分などはあまり入っていません

そのため、炎症を起こしてしまいそうな小さなニキビや、まだ炎症が少ないニキビには効果があることが多いですが、膿をもってしまっている黄ニキビには効かない人も多いようです。

黄ニキビにはテラコートリルがおすすめ

黄ニキビは、炎症を抑える効果が強い薬がおすすめです
アクネ菌の殺菌も効果がありますが。

アクネ菌自体はお肌に必要な菌なのであまりむやみやたらに殺してしまうと、周りのお肌にニキビができてしまったり、繰り返しニキビができる原因にもなってしまいます

そこでおすすめなのがテラコートリルです。

テラコートリル

テラコートリルは元々は皮膚科で処方されていたお薬で、今は市販薬として購入することができます。

炎症を抑える効果が強く、ヒドロコルチゾン(副腎皮質ステロイド)という抗生物質が、炎症を鎮めるとともに症状が悪化するのを防いでくれます

そのため、化膿してしまった黄ニキビによく効きます。

ステロイド配合ですが、ステロイドの強さは5のうち2しかないので、副作用が表れる人はほとんどおらず、安心して使うことができます。

ただ同じ個所に1か月以上塗るのは、副作用が表れる原因にもなるので、ニキビの炎症がおさまったら塗るのをやめましょう。

テラコートリルの塗り方

1.クレンジング&洗顔をしてお肌に何もついていない状態にします。

2.いつも通りスキンケアをし、綿棒を使ってニキビにテラコートリルを塗ります。
塗りこむのではなく、チョンとやさしく置くように塗りましょう。

3.小さく切った絆創膏を貼ると、薬が枕に着いたり他のお肌に着くのを防げるので、できれば絆創膏を貼っておきましょう

大体の黄ニキビはこれを2~3日すると治ります。
昼間はメイクをするから薬を塗れない、という方は夜だけでも効果があります。

スキンケアを変えるだけで、10年間悩んだニキビがキレイに

1か月どろあわわを使った結果

▶▶10年間ニキビに悩まされた私のニキビが、1か月でキレイになったスキンケアとは?

サブコンテンツ

このページの先頭へ