赤ニキビに目薬を塗ると治る?その根拠と実際の使用感は?

赤ニキビに目薬を塗ると治る、という口コミがネットで話題になっています。

ニキビに目薬なんか塗って大丈夫なのか、と心配になりますが、意外にも口コミでの評価は高く、肌荒れしたという人は少数派のよう。

そこで、赤ニキビに目薬を塗るとニキビが治る理由や、実際に使った方の口コミを集めてみました。

赤ニキビに目薬を塗ると治る理由

赤ニキビとは、白ニキビや黒ニキビが悪化し、ニキビが炎症を起こしている状態です。

膿が溜まっているほどではないけれど、炎症が始まり赤くなっているニキビのことです。

そんな赤ニキビにどうして目薬が効くのでしょうか。

赤ニキビに目薬が効くと言われている理由は、目薬に含まれる
充血を抑える成分』がニキビの炎症を抑えるとされているからです。

炎症を起こしている状態、というのは血管が拡張し、血液が集まっている状態です。
充血を抑える成分は、この血管が拡張しているのを抑えるこうかがあるので、
血管を正常に戻し、炎症を抑える効果があります。

また、目薬にはビタミンが配合されているものがあり、それらがお肌を健やかにしたり、
ターンオーバーを促すということから、ニキビに効くと言われています。

そのため、目薬なら何でも聞くわけではなく、

  • 充血を抑える作用がある目薬
  • ビタミン配合の目薬

が主に効果があるようです。

ネットの口コミで人気の目薬

ネットでは以下の2つの目薬が効くと話題になっています。

1.Visine(バイシン)

赤ニキビに効く目薬バイシン

充血した疲れ目に効き、さらにビタミンB6やビタミンEが配合されています。

2.White IRIS(ホワイトアイリス)

赤ニキビに効く目薬ホワイトアイリス

目の充血を2つの有効成分(塩酸テトラヒドロゾリンとグリチルリチン酸ニカリウム)で抑え、
さらにビタミンやアミノ酸を配合しています。
オシャレなピンクのボトルが使いやすいと女性に人気です。

赤ニキビに目薬を塗る方法

やり方は簡単で、いつも通り洗顔&スキンケアをした後、綿棒に目薬を含ませ、ニキビに優しく塗っていきます。
手を使うと、手についた雑菌がニキビに入り繁殖し、黄ニキビへと悪化する可能性があるので、
あくまで清潔な綿棒を使っていきましょう。

間違っても目に入れた後こぼれてきたものを指で広げたりしないように。

目薬が乾いたら普通にメイクもできるので、女性にはうれしいですね。

赤ニキビに目薬を塗った人の口コミ

2日で赤みが引いてニキビが治った
麺棒でちょんちょんつけるだけで赤みが引くので、いつも応急処置として使っています
1週間もしないうちにニキビがきれいになった
ニキビの赤みが引くだけでなく、ニキビ跡もできずにきれいに治る
白ニキビには効果がない
肌が弱いので、かぶれてしまった

お肌が弱い方の中には、
赤みが強く出たり痒くなることもあるようなので、様子を見ながら使いましょう。

またあくまで充血を抑える成分で赤みを落ち着かせているだけだので、化膿を抑えたり、殺菌する効果はありません。
医学的根拠もないので、チャレンジする際は肌荒れが起きたらすぐに使用を中止するようにしましょう。

スキンケアを変えるだけで、10年間悩んだニキビがキレイに

1か月どろあわわを使った結果

▶▶10年間ニキビに悩まされた私のニキビが、1か月でキレイになったスキンケアとは?

サブコンテンツ

このページの先頭へ