赤ニキビを1日でも早く治すために絶対やってはいけないこと

ぷくっとできた赤ニキビ。

色もある上なんだか痛そうで目立つので、1日でも早く治したいですよね。

赤ニキビを治すには、丁寧な洗顔を心がけ、触らないでおく、薬を塗るくらいしかできることはありません。
もしくは医療機関で芯を出してもらうのも手ですが、自分でできるケアは限られています。

しかし、逆に1日でも早く治すために絶対にしてはいけないことはいくつかあります。
また、ニキビ跡が極力残らないよう、ここでは赤ニキビを早く治す、跡が残らないように治すための注意点をご紹介していきます。

手で触ったり、指でつぶす

指でつぶす

顔にぷつっとニキビがあると、つい手で触ったり、爪で膿を出そうとしたりしていませんか。

気になるとどうしても触りたくなりますが、自分で無理矢理潰してしまうのはとても危険です。

なぜなら自己流で無理矢理潰してしまうと、周りの皮膚組織まで潰してしまいニキビ跡を残してしまったり、周囲に膿が広がってしまい、ニキビが大きくなったりクレーター状のニキビ跡が残る原因になってしまうんです。

何気なくやっていることが、ニキビを悪化させるだけでなくニキビ跡も悪化させてしまうと思うと、ちょっと触らないように気を付けますよね。

しかし赤ニキビの中でも、パンパンに膿が溜まっている時は、膿を出してしまった方が早く治る場合もありますので、ひどい場合はきちんと皮膚科に行き、膿を出してもらうのもおすすめです。

何度も洗顔する

何度も洗顔する

ニキビができると、お肌を清潔にしようと何度も洗顔をしていませんか。

特にニキビだけでなく皮脂もたくさん出ている場合、皮脂でニキビが悪化するのではと心配になり何度も顔を洗ってしまいますよね。

しかしそれは余計に皮脂を出してしまい、ニキビを悪化させる原因になっています。

お肌は何度も洗顔をして皮脂をとられると、お肌を守ろうともっと皮脂を出そうとします

大人になってからのニキビは、皮脂をとれば治るという簡単な問題ではありません。
むしろ乾燥していることから皮脂が出てニキビができていることがほとんどなので、むしろ皮脂を取らないこと、保湿をすることを心がけるほうが大切です。

そのため、洗顔するほど皮脂が出てしまい余計にニキビを悪化させてしまうんです。

ファンデーションやコンシーラーを厚塗りして隠す

ファンデーションやコンシーラーを厚塗り

赤ニキビができると、赤みを隠そうとファンデーションやコンシーラーを厚塗りして隠そうとしてしまいませんか。

しかしファンデーションやコンシーラーには油分が多く含まれているため、余計に毛穴を詰まらせてニキビを悪化させてしまう原因になります
また、ファンデーションやコンシーラーを塗る行為自体がニキビにとって刺激になってニキビを悪化させてしまいます。

どうしても隠したい場合は、パウダータイプのファンデーションを軽く乗せる程度にし、あまりニキビを塞いでしまわないようにしましょう。

髪の毛で隠す

痛そうな赤ニキビはあまり人に見られたくないので、髪の毛で隠してしまいませんか。

しかし髪の毛にはどうしても雑菌がつくので、それがニキビに触れると、触れること自体も刺激になってしまいますし、髪の毛についた雑菌がニキビにつき、悪化する原因になってしまいます。

治るまでは恥ずかしいですが、髪の毛はアップにしたりピンでとめて、ニキビにかからないようにしましょう。

スキンケアを変えるだけで、10年間悩んだニキビがキレイに

1か月どろあわわを使った結果

▶▶10年間ニキビに悩まされた私のニキビが、1か月でキレイになったスキンケアとは?

サブコンテンツ

このページの先頭へ