白ニキビを1日でも早く治す方法は?

ぽつぽつと繰り返しできてしまう白ニキビ。

白ニキビは毛穴に皮脂や汚れが詰まっているだけの状態なので、比較的治りも早くニキビ跡も残りません。

しかし悪化してしまうと赤ニキビや黄ニキビに発展してしまうので、1日でも早く治したいと思いますよね。

そこで白ニキビを1日でも早く治す方法をご紹介していきます。

白ニキビを早く治した方がいい理由

白ニキビは、古い角質や汚れなどが毛穴を塞ぎ、毛穴に皮脂や汚れが詰まっている状態です。
この状態では毛穴が詰まっているだけなので、毛穴のつまりを解消するだけで治ります。

しかしこの状態が長く続くと、毛穴の入り口が酸化して黒ずむ黒ニキビや、毛穴に詰まった皮脂にアクネ菌が繁殖して炎症を起こし、赤ニキビ黄ニキビに悪化してしまいます。

赤ニキビや黄ニキビに発展してしまうと、治りが遅くなったり、色素沈着が起きるニキビ跡や、凹凸が残るニキビ跡へと繋がってしまいます。

悪化

そのため、白ニキビの段階で1日でも早く治すことが大切になってきます。

白ニキビを早く治す方法

白ニキビを早く治すには、正しい洗顔で毛穴のつまりを解消することが近道になります。

コメドプッシャーや綿棒などで押し出す方法もありますが、これは一時的に毛穴の詰まりを解消するだけで、繰り返し白ニキビを発生させてしまうことになります。

また同様に、毛穴の詰まりを解消するタイプのニキビ薬も、一時的には効果がありますが根本的は解消にはなりません

どうしても急ぎで白ニキビを治したい場合はコメドプッシャーやニキビ薬による治療もおすすめですが。根本的に治療するには洗顔とスキンケアを見直すところから始めましょう。

白ニキビを治して作らせない洗顔方法

白ニキビを作らせないためには、まずは正しい洗顔料選びが大切になります。
市販のドラッグストアなどで売っている洗顔料やクレンジングには、石油由来の界面活性剤が配合されています。

石油由来の界面活性剤は、メイクや皮脂がしっかり落ちる反面、お肌の潤いも一緒に奪ってしまいます。

お肌の潤いが奪われると、皮膚は乾燥したパリパリの状態になり、古い角質がスムーズに剥がれにくくなります
古い角質が剥がれにくいということは、毛穴詰まりを起こし白ニキビを発生させてしまいます。

また、お肌が乾燥するとバリア機能が低下してしまうため、お肌は焦って皮脂をたくさん出しますが、これが余計に毛穴を詰まらせる原因になってしまいます。

そのため、まずは使っている洗顔料の見直しから始めましょう。

そして正しい洗顔方法ですが、洗顔料をしっかりと泡立てて、やさしく丁寧に洗うことです。

また、毛穴の汚れが落ちやすいように、顔の中心から外側に向かって洗顔していきましょう。
意外にも、毛穴の向きに沿ってやさしく円を描くように洗顔することは大切です。

優しく洗い終わったら、ぬるま湯で最低でも30回はすすぐようにしましょう。

この時、シャワーでざっと流してしまう方もいますが、おすすめは手でぬるま湯をすくって流す方法です。
こうすることで、顔の下から上に向かってお湯がかかるので、毛穴の向きに反してお湯がかかることになり、毛穴の中までしっかり洗い流すことができます

最後にタオルでそっと当てるようにして水分を拭き取りましょう。

スキンケアを変えるだけで、10年間悩んだニキビがキレイに

1か月どろあわわを使った結果

▶▶10年間ニキビに悩まされた私のニキビが、1か月でキレイになったスキンケアとは?

サブコンテンツ

このページの先頭へ