白ニキビができる原因とは

一口にニキビと言っても、白ニキビ・黒ニキビ・黄ニキビ・赤ニキビと大きく分けて4種類のニキビがあり、それぞれ原因や治し方が変わってきます。

白ニキビはまだ炎症も起こしていないしニキビ跡にもなりにくいので、比較的治療が簡単ですが、難点として一度できると繰り返し同じところにできやすく一度にたくさんぶつぶつっとできてしまうことが挙げられます。

そこでまずは白ニキビができる原因についてご紹介していきたいと思います。

白ニキビ

白ニキビができる原因

白ニキビができる原因というか背景は色々あるのですが、メインになっている原因は、毛穴を角栓や古い角質が塞いでしまい、毛穴の中に皮脂や汚れが溜まってしまうということです。

ではその毛穴を塞いでしまう背景にはどんなことが考えられるでしょうか。

メイクが落としきれていない

よくあるのはこのメイクが落としきれていないということです。
メイクというよりファンデーションがメインになってくると思います。

ファンデーションはもともとお肌と同じ色なので落とせたかが確認しづらいですよね。

洗顔後、コットンを使い化粧水を馴染ませたとき、うっすらでもファンデーションの色やお肌の汚れのようなものがつくようであれば、落としきれていないことになります。
普段手で化粧水を馴染ませている方は、一度コットンを使って確認してみましょう。

生活習慣の乱れや食生活の乱れ

食生活の乱れ

生活習慣や食生活が乱れると、お肌のターンオーバーが遅れがちになります。

特に睡眠不足になると、古い角質がお肌に残ったままになりやすいんです。

また、食生活が乱れると、お肌の細胞を作るための栄養が足りず、新しい細胞が作られないので古い角質が剥がれられずお肌に残ったままになります。

お肌の潤いを奪いすぎ

乾燥

メイクの汚れや皮脂汚れをしっかり落とそうと、洗浄力の強いクレンジングや洗顔料を使っていると、お肌に必要な潤いまで奪ってしまいます

また市販のドラッグストアなどで売っているクレンジングや洗顔料には石油由来の界面活性剤が配合されていますが、その界面活性剤はお肌の角質に入り込み、潤いを奪ってしまいます。

お肌は必要な潤いが奪われると、スムーズに古い角質が剥がれられなくなってしまいます。
脚のかかとがひび割れしているのを想像してもらうとわかるのですが、乾燥していると角質が溜まり、古い角質がいつまでもお肌に残っていますよね。

それと同じようなことがお肌でも起こってしまい、毛穴を塞ぐ原因になります。

またお肌は乾燥すると焦って潤いを補おうと皮脂を過剰に出すので、より一層毛穴が詰まりやすくなってしまいます。

以上のようなことが、白ニキビの原因となってしまいます。
特に、毛穴が詰まっているから落とさないと!とクレンジングや洗顔を熱心に行っている方は要注意です。

スキンケアを変えるだけで、10年間悩んだニキビがキレイに

1か月どろあわわを使った結果

▶▶10年間ニキビに悩まされた私のニキビが、1か月でキレイになったスキンケアとは?

サブコンテンツ

このページの先頭へ