大人ニキビは乾燥を治さない限り治らない

大人ニキビができる原因は色々とありますが、大きな原因の1つにお肌の乾燥が挙げられます。

乾燥肌とニキビはあまり関係ないように見えますが、実はとても深いつながりがあります。

そこで、お肌の乾燥とニキビの関係をご紹介していきます。

お肌の乾燥

お肌が乾燥するとニキビができる原因

お肌が乾燥することでニキビに繋がる原因は3つあります。

古い角質が溜まる

お肌は乾燥することで、古い角質が剥がれにくくなります。
そのため、お肌に残った古い角質が毛穴を塞いでしまい、毛穴に皮脂が溜まりニキビができる原因になってしまいます。

毛穴が細くなる

お肌が乾燥することで、毛穴がどんどん弱っていき細くなってしまいます。
そうすると、ちょっと皮脂量が増えるだけで詰まってしまい、ニキビになってしまうんです。

抵抗力が弱まる

お肌は潤いが足りないと細胞と細胞の間が乾燥してしまい、外的刺激に弱くなり抵抗力が落ちてしまいます。
そのため、アクネ菌や雑菌が繁殖しやすい状態となり、ニキビができやすいお肌になってしまいます。

お肌を乾燥させないために

ではお肌を乾燥させないためにはどうしたらいいのでしょうか。

乾燥させない、と聞くと潤いを与えることに目が行きがちですが、じつは潤いを奪わないことの方が大切です。

お肌の潤いを奪わないためには、クレンジング洗顔料に気を付ける必要があります。

特にドラッグストアなどで売っている市販のクレンジングや洗顔料には、石油由来の界面活性剤が入っています。
界面活性剤はもともと水と油を混ぜるための成分ですが、石油由来の界面活性剤はお肌に必要な潤いまで一緒に洗い流してしまい、乾燥肌の原因になってしまうんです。

植物性由来の界面活性剤を使用しているクレンジングや洗顔料に変えるだけで、必要以上に潤いを奪ってしまうのを防げます。

また、熱いお湯で洗顔をするのも皮脂を溶かしすぎてしまい、乾燥肌の原因になってしまうんです。
人肌くらいのぬるま湯(36~37度)で洗顔するのが理想です。

最後に、朝と夜に洗顔料を使って洗顔している場合、朝はぬるま湯ですすぐだけにしてみてください。
寝ている間というのは、空気中のホコリやちょっとした皮脂程度しかお肌についていません。

ぬるま湯ですすぐだけでお肌は綺麗になるんです。

以上のことを気を付けるだけで、乾燥による大人ニキビはかなり防ぐことができます。

まずはクレンジングや洗顔料の見直しから始めてみましょう。

スキンケアを変えるだけで、10年間悩んだニキビがキレイに

1か月どろあわわを使った結果

▶▶10年間ニキビに悩まされた私のニキビが、1か月でキレイになったスキンケアとは?

サブコンテンツ

このページの先頭へ