大人ニキビができる原因とは

しつこい大人ニキビ。
思春期のニキビと違い大人ニキビはフェイスラインにできやすく、同じところに何度もできるというクセがあります。

そんな大人ニキビのできる原因をご紹介していきます。

大人ニキビとは

まずは大人ニキビとは何かをご紹介していきます。

大人ニキビとは、思春期を過ぎた後の18歳~20歳以降にできるニキビのことを言います。

  • 生理前になるとニキビができやすくなる
  • あごやフェイスラインによくニキビができる
  • ぽつぽつしたニキビやこもったようなニキビができす

こういった症状が出ている場合、大人ニキビの可能性があります。

思春期にできるニキビは、思春期によってホルモンバランスが崩れ、皮脂分泌量が増えてできるニキビですが、大人ニキビの原因はほかにあります。

大人ニキビができる原因

大人ニキビができる原因はいくつかあります。

乾燥

乾燥

思春期を過ぎて皮脂分泌量が落ち着くと、今度は乾燥によってニキビができることが増えます。
乾燥、といっても皮脂の分泌量が増えてしまうことも多いんです。

お肌は乾燥するとバリア機能が低下するので、保護本能から皮脂をたくさん出してしまうんです。

そのため、皮脂が毛穴に詰まりニキビができてしまいます。

また、皮脂が分泌できない肌質の方は乾燥肌になってしまいますが、乾燥肌になると毛穴が小さくしぼんでしまい、ちょっとしたことで毛穴は詰まりやすくなり、これもニキビができる原因になってしまいます。

ターンオーバーの低下

年齢を重ねると、成長ホルモンの量が低下したり新陳代謝が低下するため、ターンオーバーが遅れがちになります。
ターンオーバーが遅れると、古い角質がお肌に残ったままになり毛穴を塞いでしまいニキビができる原因になってしまいます。

また、ターンオーバーが遅れることでニキビ跡の治りも遅くなってしまいます。

生活習慣や食生活の乱れ

食生活の乱れ

思春期までは実家で過ごすことが多く、学生生活を送ることで、生活リズムもあまり乱れず食生活も極端に乱れることはほとんどありません。

しかし20歳ごろになると、お酒を飲むようになったり、タバコを吸ったり、大学や仕事で睡眠不足になったり、食事も乱れがちになります。

そうするとお肌に必要なビタミンが足りなくなって、お肌の代謝が落ちてニキビができやすくなります。
また仕事のストレスや睡眠不足でもお肌のターンオーバーは遅れてしまいますし、ストレスと睡眠不足は男性ホルモンの分泌量が増える原因にもなってしまいます。

男性ホルモンの分泌量が増えると、Uゾーンや鼻の下の皮脂分泌量が増えるので、ニキビができやすくなります。

その他の原因

その他には、過度なダイエットによる栄養不足、湯船に浸からずシャワーだけで過ごしてしまう、便秘がち冷え性などといったものも、大人ニキビができる原因になってしまいます。

大人ニキビができる原因は様々で、一概にどれとは言えませんが、基本的にはお肌のターンオーバーが遅れるということとお肌の乾燥の2つが主な原因になります。

大人ニキビを治すには、こういった日常の習慣を少しずつ改善していくのが近道になります。

スキンケアを変えるだけで、10年間悩んだニキビがキレイに

1か月どろあわわを使った結果

▶▶10年間ニキビに悩まされた私のニキビが、1か月でキレイになったスキンケアとは?

サブコンテンツ

このページの先頭へ