男性ホルモンは皮脂分泌量を増やしてニキビを作る?

男性ホルモンと聞くと、男性特有のもので女性は関係ないと思う方もいるかと思います。

でも実は女性にも男性ホルモンはあり、残念ながらこの男性ホルモンの分泌量が増えるとニキビができやすくなってしまうんです。

そこで、男性ホルモンとニキビの関係や、男性ホルモンでニキビができないようにする方法をご紹介します。

男性ホルモンの分泌量が増えるとニキビができる原因

男性ホルモンはもともと女性にも備わっているホルモンですが、皮脂の分泌に関わっていて、男性ホルモンの分泌量が増えると皮脂の分泌量も増えてしまうんです。

特にUゾーン鼻の下などの皮脂分泌量が増えます。
男性の髭が生えている箇所にあたりますが、女性は髭が生えないのでその分皮脂分泌が増えるんですね。

男性ホルモンによるニキビ

また皮脂分泌が増える以外にも、お肌の角質を増やしてしまう作用があり、毛穴を塞いで角栓を作りやすくしてしまいます。
そのため、毛穴が塞がれる+皮脂分泌量が増える、ということでニキビができやすくなります。

男性ホルモンによるニキビか見極める方法

男性ホルモンによるニキビかどうか見極めるには、Uゾーンや鼻の下にばかりニキビができてしまう、とういことです。
この場所にばかりニキビができる時は、男性ホルモンによってニキビができている可能性大です。
また、肌がごわごわしたりUゾーンが脂っぽく感じる時も危険信号です。

男性ホルモンが増える理由

男性ホルモンが増える理由は、主にストレス生活習慣の乱れです。

ストレスや生活習慣の乱れにより、交感神経が優位になると、常に体が興奮した状態になります。
交感神経が優位になると、攻撃的になったり男性ホルモンが増えるといったことが起こります。

一時的にストレスを受けたり、睡眠不足になるくらいであればあまり影響はないですが、長期間続くようであれば交感神経が優位になってしまいます。

男性ホルモンを抑えるためには

そんな男性ホルモンを抑えるためには、ストレスとうまく付き合うことと、生活習慣の乱れをなくしていくことです。

お風呂は湯船に浸かり、疲れをとり、湯上がりや軽くストレッチなどをすると体のストレス発散になります。

また、あまり夜更かしをしない、野菜中心の和食を心がける、エスカレーターを使わず階段を使うようにする、といったことで改善されていきます。

スキンケアを変えるだけで、10年間悩んだニキビがキレイに

1か月どろあわわを使った結果

▶▶10年間ニキビに悩まされた私のニキビが、1か月でキレイになったスキンケアとは?

サブコンテンツ

このページの先頭へ