生理前のニキビの原因と治療法について

生理前、イライラしやすくなったり、体調が優れなかったり、ただでさえいつもと違う状態で不安定な中、ニキビまでできてしまったら落ち込んでしまいますよね。

生理前はホルモンバランスの影響でどうしてもニキビができやすいもの。
しかしそんな時でもニキビを作らない健康的な肌作りをしたくありませんか。

ここでは生理前にニキビを作らない方法についてご紹介していきます。

生理前ニキビ

生理前にニキビができる原因

生理前にニキビができる原因は、ホルモンバランスの影響です。

生理前になると、黄体ホルモンというホルモンの分泌量が増えるのですが、このホルモンは皮脂の分泌を促す作用があります。お肌が子宮を守ろうと、少しでも多く老廃物や皮脂を外に出そうとするから、と言われています。

ホルモンの影響で皮脂の分泌量が増えると、その分毛穴はつまりやすくなり、ニキビができやすくなります。

生理前ニキビを防ぐ方法

生理前のニキビを防ぐ方法は、黄体ホルモンの分泌量を適量に抑えることです。

そのためにはストレス食生活の乱れ生活習慣の乱れを減らし、ホルモンバランスを整える事が必要になってきます。

また、皮脂分泌を抑える効果のあるビタミンBを摂ることも効果的です。
ビタミンBは納豆や玄米、卵などに多く含まれています。
生理前はできるだけ野菜の多い和食を心がけるようにしたいですね。

他には、皮脂分泌を促す動物性脂肪質の悪い油は控えるようにしましょう。
タンパク質はコラーゲンの生成には欠かせない栄養素なので、赤身のお肉や、脂身の少ない鳥肉などはオススメですが、脂肪分の多いお肉は毛穴に詰まりやすい皮脂の分泌を促してしまいます
マーガリンやバターも控えましょう。

生理前ニキビには豆乳も◎

豆乳に含まれる大豆イソフラボンには、女性ホルモンと同じような働きをする作用があります。
女性ホルモンの作用が大きくなると、相対的に黄体ホルモンの作用が小さくなり、結果皮脂の分泌量を減らす効果があります

また、生理前に浮腫みやすくなったり便秘になるのも黄体ホルモンの作用ですが、そういったものも抑えることができます。

大豆イソフラボンは、豆乳だけでなく納豆、豆腐、おからなどの大豆製品にも含まれているので、生理前のニキビを治すには大豆製品もおすすめです。

どうしても生理前のニキビが治らない場合

食生活やストレスに気をつけていても生理前にニキビができてしまう場合は、ピル漢方によるホルモンバランスの整え方もあります。

ピルは低用量であれば副作用もほとんどない上、生理痛の軽減にもなりますので、悩んでいる方は1度ホルモン治療をしている皮膚科や婦人科を受診することをオススメします。

スキンケアを変えるだけで、10年間悩んだニキビがキレイに

1か月どろあわわを使った結果

▶▶10年間ニキビに悩まされた私のニキビが、1か月でキレイになったスキンケアとは?

サブコンテンツ

このページの先頭へ