アクネ菌・真菌を殺菌してニキビを治すニゾラール

ニゾラールという薬は、ニキビ薬としてはあまり有名ではありません。

皮膚科ではアクアチムクリームやディフェリンゲルが一般的に処方される薬ですが、
それでも治らない時に処方される薬です。

そこで、ニゾラールのニキビへの効果や副作用についてご紹介します。

ニゾラール

ニゾラールの効果

ニゾラールには菌を殺菌する効果があります。
そのためニキビのお薬としてだけでなく、水虫の治療やカンジダの治療にも用いられる薬です。

ニキビは毛穴に詰まった皮脂にアクネ菌が繁殖し、アクネ菌が皮脂を食べる時に出す遊離脂肪酸という物質が毛穴を傷付けて炎症を起こすことでできます。
さらに、炎症を起こしているとそこに黄色ブドウ球菌などの他の菌も繁殖してしまい、化膿ニキビへと悪化してしまいます。

ニゾラールには高い殺菌作用があるので、そういった化膿ニキビの治療などにも使用されますが、まずはアクアチムやデフェリンなどの一般的なクリームが処方されることがほとんどです。

デフェリンなどのクリームにもアクネ菌や黄色ブドウ球菌を抑える効果があるので、通常はそれでニキビが引いていきます。

しかし、それでもニキビが治らない時があります。
それは、真菌というカビの一種が繁殖してニキビができている場合です。

真菌は元々お肌にいるカビですが湿ったところが大好きなので、顔や背中、デコルテなどに繁殖することがあります。

通常のニキビと比べて痒みや痛みは少ないですが、ポツポツと大量にできたりして、通常のニキビ治療では全く効果がありません。

そのため、真菌によるニキビと判断された場合や、アクアリウムやディフェリンでは治らない場合に処方されるお薬です。

ニゾラールの副作用

ニゾラールには、赤みが出たり、かゆみが出るという副作用が挙げられています。

特に敏感肌の方は赤みが出やすいため、ニキビへの効果は高いけど通常はアクアリウムなどの刺激の少ないクリームから先に処方されるんです。

ニゾラールはアクアリウムやディフェリンゲルなどを使用しても効かなかった時に処方される薬です。
今までにそういった薬を使っても治らなかった方は、医師に相談して処方してもらいましょう。

また、お肌が弱い方はその点も医師に相談しておきましょう。

根本的な治療にはならないので注意を

ニゾラールはできてしまった炎症ニキビや化膿ニキビには効果がありますが、ニキビを予防したり、ニキビのできない肌作りを補助するためのものではありません

また、炎症や化膿を抑える効果があったとしても、ニキビ跡が全くできないという保証もないので、あまりニゾラールに頼ってしまうのもよくありません。

こういった菌を殺す作用のある薬は、アクネ菌や黄色ブドウ球菌だけでなくお肌に必要な常在菌なども一緒に殺してしまいます
そのため、長期的に見るとお肌の菌のバランスを崩してしまい、抵抗力の弱いお肌になってしまい、さらにニキビができやすくなったり肌荒れを起こす原因になってしまうんです。

ニキビを早く治すためには効果のある薬ですが、長期使用はやめておきましょう。

スキンケアを変えるだけで、10年間悩んだニキビがキレイに

1か月どろあわわを使った結果

▶▶10年間ニキビに悩まされた私のニキビが、1か月でキレイになったスキンケアとは?

サブコンテンツ

このページの先頭へ