小さな化膿ニキビに効くアクアチムクリームの効果と副作用

ニキビに悩んでいる方なら1度は聞いたことがあるかもしれない、アクアチムクリーム。

名前はよく聞きますが、効果があった!という方からあまり効かなかったという方まで様々です。

処方薬だから効くだろう、と期待してしまいますが、その効果や効く理由をしっかり知っていないと、頑張って塗ったのに効かなかった…ということになります。

アクアチムクリーム

アクアチムクリームの効果

アクアチムクリームには有効成分ナジフロキサシンという成分が含まれています。

この成分は、ニキビの原因となるアクネ菌や黄色ブドウ球菌を殺菌する作用があります。
また、化膿や腫れを抑える効果もあります。

ニキビはもともと、毛穴に詰まった皮脂にアクネ菌が繁殖し、アクネ菌が皮脂を食べる時に出す遊離脂肪酸という物質が毛穴を傷付けて炎症を起こすことでできてしまいます。
さらに、炎症を起こした箇所に黄色ブドウ球菌が繁殖し、化膿ニキビへを悪化していきます。

そのため、アクアチムクリームのナジフロキサシンがアクネ菌や黄色ブドウ球菌を殺菌することで、ニキビの悪化を抑えて早く治す効果があります。

逆に、ニキビのでき始めやポツポツした白ニキビなどにはあまり効果が期待できません。

アクアリウムクリームは、抗生物質なので、個人の判断で長期的に使用するのは危険です。
また、ニキビ跡にも効果はないので、炎症や化膿がおさまったら使用を中止しましょう。

アクアチムクリームの副作用

アクアチムクリームの副作用としてあげられるのは、かゆみ乾燥刺激感があります。
かゆみがひどい場合は医師に相談するようにしましょう。

また、乾燥が気になる場合、洗顔後、しっかりスキンケアで保湿したあと、幹部にクリームを塗るようにすると、少し緩和されるようです。

アクアチムクリームの口コミ

アクアチムクリームは化膿したニキビに効果があると言いましたが、口コミによると、大きく腫れたニキビや、膿がたくさん溜まっているようなニキビにはあまり効果がなく、膿がまだ少なく腫れも小さいニキビには効果がよく現れるようです。

また、逆にニキビが悪化した、という口コミもあるので様子を見ながら使用していきましょう。

アクアチムクリームの使い方

アクアチムクリームは、洗顔後にお肌に塗るのでまずは洗濯をしましょう。
肌の皮脂汚れを落とし、薬が浸透しやすいようにしましょう

洗顔後、お肌が清潔な状態でクリームを塗り、その後スキンケアをします。

ただし、副作用で乾燥がひどい場合は先にスキンケアをしてしっかり保湿し、そのあとクリームを塗りましょう。

長期の使用は医師と相談しましょう

アクアチムクリームは抗生物質という種類のお薬ですが、抗生物質は長期間使用していると耐性ができて次第に効果がなくなってしまいます。

そのため、塗っているのにニキビが治らない、逆にニキビが悪化してしまう、という症状が出てきます。

あどうしてもニキビを早く治したい、という時に一時的に使用するものにして、洗顔やスキンケアでニキビのできない肌作りを心がけていきましょう。

スキンケアを変えるだけで、10年間悩んだニキビがキレイに

1か月どろあわわを使った結果

▶▶10年間ニキビに悩まされた私のニキビが、1か月でキレイになったスキンケアとは?

サブコンテンツ

このページの先頭へ