アクネ菌を殺菌してニキビを治すダラシンtゲル

ニキビに悩んでいる方なら1度は聞いたことがあるかもしれない、ダラシンtゲル。
名前はよく聞きますが、効果があった!という方からあまり効かなかったという方まで様々です。

処方薬だから効くだろう、と期待してしまいますが、その効果や効く理由をしっかり知っていないと、頑張って塗ったのに効かなかった…ということになります。

ダラシンtゲル

そこで、ダラシンtゲルの効果や副作用、塗り方などご紹介したいと思います。

ダラシンtゲルの効果

ダラシンtゲルは、リン酸クリンダマイシンという抗生物質を主成分とした塗り薬です。

抗生物質は、菌の繁殖を抑えて殺菌する効果があるので、アクネ菌や黄色ブドウ球菌を殺菌する作用があります。

ニキビというのは、毛穴に詰まった皮脂にアクネ菌が繁殖し、アクネ菌が皮脂を分解することで出てくる遊離脂肪酸という物質が毛穴を傷付けてしまうので、炎症したニキビに発展します。
さらに炎症を起こしているところに、黄色ブドウ球菌という菌が繁殖すると、化膿ニキビへと悪化してしまうんですね。

そのため、ダラシンtゲルを塗ることですでにできてしまったニキビ、赤く腫れたり化膿しているニキビを抑えて治りを早くする効果があります。
アクネ菌が繁殖する前の毛穴詰まりや白ニキビ、すでに炎症や化膿がおさまってしまったニキビ跡には効果がないので注意しましょう。

ダラシンtゲルの副作用

ダラシンtゲルには随伴症状というのがあり、使うことで肌に赤みが出たり乾燥したり、お肌がピリピリしたりします
副作用という表現もしますが、お医者さんによっては副作用とは言わず、随伴症状と言う場合もあります。

ほとんどは軽度のもので、しばらくするとおさまるのであまり気にしなくても大丈夫です。

まれに、激しい腹痛、発熱、下痢、血便などの副作用が出る方がいます。
その際は使用をすぐにやめて医師に相談しましょう。

ダラシンtゲルの使い方

ダラシンtゲルを塗る時は、洗顔後、スキンケアをする前にしましょう。
塗る回数は朝晩の洗顔後、1日2回です。

しかしスキンケアをする前に塗ることで、ニキビ以外の皮膚にも薬がついてしまい、その部分が乾燥したり赤みが出る可能性があるので、そういった症状が出る場合はスキンケア後に塗っても大丈夫です。

ダラシンtゲルはジェル状の薬なので、ベタつきはあまり気にならない方ですが、塗る量などによってはベタベタしたしします。
その時はティッシュで軽くおさえたり、ベビーパウダーなどをはたいてベタつきを解消しましょう。

ダラシンtゲルは耐性に注意

ダラシンtゲルは、速やかに炎症を抑えたり化膿を抑える効果がありますが、使う時は長くても4〜5日にしましょう。
ダラシンtゲルは耐性があり、使い続けると効果が薄くなってきます。

炎症や化膿が落ち着いたら塗るのをやめましょう。

アクネ菌や黄色ブドウ球菌だけでなく、お肌にいる必要な常在菌まで殺してしまうため、あまり長期間使用するとお肌の抵抗力が弱くなり、さらにニキビができたり肌荒れを起こす原因となってしまいます。

しばらく使って効果がない場合や、副作用がひどい場合、使用を中止しお医者さんに相談しましょう。

スキンケアを変えるだけで、10年間悩んだニキビがキレイに

1か月どろあわわを使った結果

▶▶10年間ニキビに悩まされた私のニキビが、1か月でキレイになったスキンケアとは?

サブコンテンツ

このページの先頭へ