敏感肌になる原因はお肌の乾燥

敏感肌という肌質で悩んでいる女性は多いですよね。
ある調査によると、約7割の女性が自分は敏感肌であると感じています。

では敏感肌とはどういった肌のことを言うのでしょうか。

実は敏感肌には厳密な定義はありません

ですので敏感肌といっても、人によっては

アレルギー反応が出やすい
だったり

ちょっとした刺激でニキビができる
だったり

肌に合う化粧品がなかなかない
だったり様々です。

しかし症状は様々でも、敏感肌の原因は基本的に一つです。
それは、肌が乾燥している、ということです。

敏感肌

お肌は乾燥するとバリア機能が低下してしまいます。
そのため、花粉や化粧品の成分などちょっとしたことでもお肌が炎症してしまうのです。

そして生まれつき極端にお肌が乾燥しやすいと、アトピーなどになるのです。

つまり、敏感肌と思っていても、実は乾燥肌と同じようなことが起きているのです。
そのため、お肌の潤いを奪わないクレンジングや洗顔と、潤いをしっかり与えるスキンケアで、敏感肌はかなり改善されていくのです。

お肌が荒れたら薬を塗る、という対処法ではなく、お肌の荒れない丈夫な肌作りを目指しましょう。

スキンケアを変えるだけで、10年間悩んだニキビがキレイに

1か月どろあわわを使った結果

▶▶10年間ニキビに悩まされた私のニキビが、1か月でキレイになったスキンケアとは?

サブコンテンツ

このページの先頭へ