乾燥肌ニキビを治す洗顔方法

乾燥肌の原因には間違ったスキンケアが原因になっていることがほとんど、とお伝えしました。

乾燥肌になる原因

そこで、乾燥肌を治すための正しい洗顔方法をご紹介していきます。

洗顔料を見直す

洗顔料

乾燥肌に悩んでいる上、ニキビもできている人に多いのが、洗顔料にニキビケア用の洗顔料を選んでいるということです。

ニキビを治そうとニキビ用の洗顔料を使うのは、一見正しいですが、
ニキビ用の洗顔料は基本的に皮脂をしっかりとる効果があります。

特にドラッグストアなどで売っている市販のニキビ用洗顔料は、刺激が強いものが多いので、より乾燥肌を悪化させてしまいます。

乾燥によるニキビができている時は、ニキビを治すのではなく乾燥しないように刺激の少ないお肌に優しい洗顔料を選びましょう。

化粧水をパッティングしすぎない

化粧水をコットンに浸しパッティングすることで、毛穴を閉じる効果リフトアップの効果がある上、しっかり保湿しようと何度もパッティングする人は多いです。

しかしパッティングは少し間違えるとコットンでお肌を擦ってしまい、傷つける原因になってしまうのです。

化粧水でパッティングをする時は、化粧水がヒタヒタになるくらいコットンに浸し、やさしくパッティングしましょう。

化粧水が足りないとコットンの繊維で摩擦が起きてしまいますし、あまり力を入れたり、リフトアップ効果を期待して下から上に擦るようにするのは控えましょう。

朝はぬるま湯だけで洗顔する

よくテレビなどで朝も洗顔料を使用して洗顔しているのを見て、なんとなく朝も洗顔料を使用していませんか。

お肌にはもともと潤う力やニキビができないように殺菌する能力が備わっています。

小さい子供は朝洗顔なんかしなくてもお肌がきれいですよね。

なので、寝ている間に毛穴につまった汚れを落とさなきゃ!と思ったり
1日2回は洗顔しなきゃ!と何度も洗顔する必要はありません。

乾燥肌を治すには、潤いを与えてあげることより、潤いを奪わないことのほうが大切です。

朝はぬるま湯で汚れをさっと落とすだけにすると、意外とあっさり乾燥肌が治る人もいるので一度試してみましょう。

スキンケアを変えるだけで、10年間悩んだニキビがキレイに

1か月どろあわわを使った結果

▶▶10年間ニキビに悩まされた私のニキビが、1か月でキレイになったスキンケアとは?

サブコンテンツ

このページの先頭へ