ダイエットにも必要なビタミンB2で皮脂をコントロール

食が多様化し、近年のダイエットブームなどから、栄養素が不足して肌荒れやニキビに悩む人が増えていると言います。

不足している栄養素のひとつに、ビタミンB2が挙げられます。
ビタミンB2は、摂取したご飯やお肉などをエネルギーに変える時に必要な栄養素で、
不足すると代謝が悪くなって冷え性になったり、太りやすくなったりします。

そんなビタミンB2のニキビに対する効果をご紹介します。

ビタミンB2のニキビへの効果

ビタミンB2はその他にも、皮脂をコントロールする役割を担っています。
そのため、不足すると皮脂が出やすくなり、脂性肌の原因になったりします。
皮脂がたくさん出るということは、それだけ毛穴に皮脂が詰まりやすく、ニキビになったりニキビが悪化する原因になります。

ビタミンB2が不足すると、ニキビ以外にも口内炎ができやすくなるので、まだニキビはできてないけど、口内炎ができやすい、最近増えたという方はビタミンB2不足の可能性があります。

ビタミンB2を多く含む食べ物

ビタミンB2を多く含む食べ物には以下のようなものが挙げられます。

納豆、レバー、卵、アーモンド、サバ、いわし、うなぎ、きのこ

納豆

卵や納豆は取り入れやすく、コラーゲンの素となるタンパク質も多いため、積極的に摂っていきたいですね。
レバーもニキビの解消には欠かせない鉄分がたっぷり入っているので、積極的に取りたい食材の1つです。

ビタミンB2の上手な摂り方

ビタミンB2を上手に摂るには、食事で摂った脂質や糖質をしっかり代謝するために、食事と一緒に摂る必要があります。
サプリメントなどで補う時は、食事の途中や食事の後すぐに飲むようにしましょう。

また、ビタミンB2は水溶性で体の中に溜めておくことができません。
そのため、体の中に溜まりすぎてしまうこともなく不要な分は排出されますが、こまめに摂取していく必要があります

最近では時間差で溶けてくれるサプリメントもあるので、そういったものを使うのもおすすめです。

スキンケアを変えるだけで、10年間悩んだニキビがキレイに

1か月どろあわわを使った結果

▶▶10年間ニキビに悩まされた私のニキビが、1か月でキレイになったスキンケアとは?

サブコンテンツ

このページの先頭へ