ターンオーバーを促すビタミンAでニキビのできにくい肌作り

ビタミンはニキビにいい、というイメージがありますが、
一口にビタミンと言っても色々ありますよね。

今回はビタミンAについて、ニキビへの効果ご紹介していきます。

ビタミンAについて

ビタミンAには、実は2種類あります。
1つは脂溶性のレチノール
レチノールはウナギや鶏肉などの動物性のものに多く含まれています。

もう一つはカロチン
人参やパプリカなど、色の濃い緑黄色野菜などに多く含まれています。

カロチンはレチノールにはない、抗酸化作用があります。

人参

ビタミンAがニキビにいい理由

ビタミンAは、お肌のターンオーバーを正常にする効果があります。
そのため、ビタミンAが不足するとターンオーバーが遅れがちになります。

ターンオーバーが遅れると、古い角質がお肌に残ったままになり、それが毛穴を塞ぎニキビのもとになります。
またターンオーバーが遅れると、ニキビ跡の治りも遅くなりますし、くすみやシミの原因にもなってしまいます。

古い角質が残ったままのお肌は、他にも免疫力が低下したお肌になってしまいます。
そうすると雑菌だけでなく、アクネ菌にも弱いお肌になってしまうので、アクネ菌が繁殖しやすくなり、ニキビができやすくなります。

ニキビにはカロチンのほうがおすすめ

ビタミンAには2種類あるとお伝えしましたが、そのうちカロチンのほうがニキビに効果的です。
なぜなら、カロチンには抗酸化作用があります。

酸化、とだけ聞くとニキビにはあまり効果がないようにも見えますが、毛穴に詰まった皮脂はそのままより、酸化したほうがアクネ菌が繁殖しやすいんです
また、皮脂が酸化することで活性酸素が発生し、これがシミを作ったりシワの原因になったり、お肌を傷付けて炎症を起こしニキビに発展してしまいます。
そのため酸化を体の中から防ぐことで、アクネ菌の繁殖を抑えたり、シミやシワを予防する効果も期待できるんです。

また、ニキビだけでなく体の酸化を防止することは健康にも美容にもいいので、ビタミンAを摂るときは、カロチンを意識的に摂取するほうがおすすめです。

カロチンの多い食材

カロチンの多い食材は以下です。

にんじん、ほうれん草、春菊、かぼちゃ、パセリ、バジル、あしたば、よもぎ、菜の花

意識的に摂らないとなかなか摂れない野菜も多いので、サプリなども併用するといいでしょう。

また、ビタミンAは油と一緒に摂ることで吸収率がアップします。
料理に使う時は、サラダのドレッシングや炒め物として油を一緒に摂れるようにしてみましょう。

スキンケアを変えるだけで、10年間悩んだニキビがキレイに

1か月どろあわわを使った結果

▶▶10年間ニキビに悩まされた私のニキビが、1か月でキレイになったスキンケアとは?

サブコンテンツ

このページの先頭へ