ニキビにもニキビ跡にも効くトコフェロール

トコフェロールは、一般的にはビタミンEとしてしられている成分で、
お肌につけるものとして見る時は、トコフェロールと呼ばれています。
そんなトコフェロールの特徴や、ニキビに対する効果などをご紹介します。

トコフェロールのニキビへの効果

トコフェロールはニキビに対して2つの効果があります。

一つ目は、抗酸化作用
活性酸素には実は種類があり、その中でも酸化力が強く、
老化を促進する力の強いヒドロキルラジカルを除去するのに効果を発揮するのが、トコフェロールなんです。

お肌の酸化とニキビはあまり結びつかないように見えますが、
毛穴の黒ずみなんかも皮脂が酸化して黒ずんだ状態です。
皮脂が酸化すると毛穴を傷つけて炎症が起こり、それがニキビへと繋がるため、
お肌の酸化はシミやシワだけでなくニキビにもよくないんです。

トコフェロールのもう一つの効果は、炎症を抑え皮脂分泌をコントロールすることです。
ニキビが治ってきても、赤みがひかない時は、実はお肌の奥でまだ炎症が起きている状態なんです。
それを抑えてくれるのが、トコフェロールです。

また皮脂分泌をコントロールする効果もあるので、
ニキビ跡を早く治しながら、新しいニキビができるのを防いでくれます

トコフェロール配合の化粧品の選び方

トコフェロールは様々な効果があるので、かなり多くの化粧品に含まれています。
その中でもよりトコフェロールが多く配合されている優秀な化粧品を選ぶには、
成分表示でできるだけ手前ほうに、トコフェロールの記述があるものを選ぶことです。

またトコフェロールは脂溶性ですが、これを水溶性にしたトコフェリルリン酸Na(ビタミンE誘導体)はより高い浸透力があるので、こちらが配合されているものもおすすめです。

スキンケアを変えるだけで、10年間悩んだニキビがキレイに

1か月どろあわわを使った結果

▶▶10年間ニキビに悩まされた私のニキビが、1か月でキレイになったスキンケアとは?

サブコンテンツ

このページの先頭へ