ピーリング効果の高いサリチル酸でニキビを治す

サリチル酸、という成分を聞いたことがありますか。
『酸』というくらいなので、少し刺激がありそうなイメージですが、
サリチル酸の効果や、ニキビへの効能などをご紹介します。

サリチル酸の効果とニキビへの作用

サリチル酸の効果はお大きく分けて2つあります。

一つ目は殺菌防菌作用。
二つ目は角質溶解作用。

殺菌防菌作用は、ニキビのもととなるアクネ菌を殺菌してくることで、
ニキビができるのを防いでくれます。
また、すでにできてしまったニキビに雑菌などが繁殖し、悪化して化膿するのを防いでくれます。

角質溶解作用は、化粧品以外であれば、かかとのガサガサをとったり、イボをとったりするのに使われます。
古い角質を柔らかくして、はがしてくれるイメージです。
分かりやすい言葉でいうと、ピーリングです。

ピーリングをすることで、古い角質が毛穴を塞いでニキビになるのを防ぐ効果があります。
また、古い角質がなくなることで、化粧水や美容液などの浸透をよくする効果もあります。

サリチル酸は価格も安いため、色々な化粧品や洗顔などに配合されています。
ドラッグストアなどで売られている化粧品にはかなりの確率で入っています。

また、有名どころでいくと、プロアクティブ、DHCのアクネシリーズ、Piuなどにも入っています。

サリチル酸の副作用

サリチル酸は、ニキビ用の化粧品にはけっこうな確率で入っていますが、
実は副作用もあります

それは、無理矢理角質を溶かしているため、肌への刺激がかなり強く、
お肌が乾燥してしまう、ということです。

プロアクティブなどの口コミで『肌がつっぱる』という意見が多いのはこのためです。

そのため、一時的にはニキビがよくなっても、お肌への負担が減らず、
どんどん乾燥したお肌になっていきます。

お肌は乾燥すると、潤いを出さなければ!と皮脂をせっせと出します。
皮脂が大量にでることで毛穴が詰まってニキビになりますし、
皮脂に紫外線が当たったり酸化することで、お肌を傷つけてしまい炎症を起こすので、
ニキビにはよくありません。

配合量が少ないものであれば、マイルドにピーリングできますが、
使い続けることでどうしてもお肌へ負担がかかってしまうので、
積極的には選びたくない成分です。

特に乾燥によるニキビや、大人ニキビ、フェイスラインのニキビなんかは
悪化する恐れもあるので使用には注意が必要です。

古い角質をとるピーリングは、できれば違う成分で行い、サリチル酸に頼らないスキンケアがおすすめです。

スキンケアを変えるだけで、10年間悩んだニキビがキレイに

1か月どろあわわを使った結果

▶▶10年間ニキビに悩まされた私のニキビが、1か月でキレイになったスキンケアとは?

サブコンテンツ

このページの先頭へ