ピンプリットにきび治療薬cのニキビへの効果と副作用

ピンプリットにきび治療薬cは、化粧品で有名な資生堂から販売しているニキビ用の市販薬です。

ピンプリットにきび治療薬cとピンプリットにきび治療薬Nがあり、Cは無色透明タイプで、Nは肌色がついています。
肌色はニキビが悪化していてメイクで隠したい、という時に使いやすいです。

資生堂の商品なら効きそう、と思いますが、あくまで市販薬。

ちゃんと効くのか、副作用などはないのかまとめてみました。

ピンプリットにきび治療薬c

ピンプリットにきび治療薬cの成分と効果

ピンプリットにきび治療薬cにはニキビに効く有効成分が3つ配合されています。
その3つの成分で、3ステップでニキビを治していきます。

まず、イオウ角質を柔らかくし、詰まった毛穴の皮脂や汚れを外に出しやすくしていきます。
まずは毛穴に詰まった皮脂を出すことで、炎症を起こしていない白ニキビや黒ニキビをすぐに直す効果があるのと、炎症を起こしてしまっているニキビも早く治す効果があります。

その次に、グリチルレチン酸炎症を抑え、ニキビの赤みや腫れを抑えます。
お肌表面の炎症が治っても、お肌の奥でまだ炎症をおこしている場合、赤いニキビ跡になりますが、グリチルレチン酸はこのお肌の奥の炎症にも効果があるので、ニキビ跡を早く治す効果もあります。

最後に、レゾルシンによって殺菌し、化膿するのを防ぎます。また、イオウにも殺菌効果があるので、イオウもアクネ菌の殺菌に役立ちます。

ニキビは元々毛穴に詰まった皮脂にアクネ菌が繁殖することで炎症を起こし、さらに黄色ブドウ球菌が繁殖して化膿ニキビへと悪化していくので、レゾルシンとイオウで殺菌することで、炎症や化膿を抑えてニキビを早く治します。

ピンプリットにきび治療薬cの副作用と口コミ

ピンプリットにきび治療薬cの副作用として考えられるものは、イオウによる肌の赤みかかぶれ乾燥です。

イオウには角質を柔らかくする働き以外に毛穴を乾燥させる効果もあります。
ニキビがある時は早く乾燥させることで菌の繁殖を抑えることができるので、早く治す効果がありますが、
これが、患部の皮膚も乾燥させてしまうため、お肌が弱い方はかぶれたりすることがあります。

  • 祖母からよく効くと勧められて以来、ずっとこれを使っています。これがあればニキビが治ります。
  • ずっと悩んでいた大人ニキビに効きました!
  • これがあればとりあえず安心、というくらいいつもお世話になっています。
  • とりあえずこれを塗っておけばニキビが治ります。ただ私は皮膚が強いので、弱い方は少し注意したほうがよさそうです。
  • 私は敏感肌なので赤くなってしまいましたが、泊りに来た友達が使ったらニキビが治ったと感していました。

といった口コミが目立ちました。
ニキビにはとてもよく効くようですが、敏感肌の方はちょっと注意したほうがよさそうです。手や足に少し塗って一晩置いてみて、大丈夫であればニキビにも塗るようにしましょう。

スキンケアを変えるだけで、10年間悩んだニキビがキレイに

1か月どろあわわを使った結果

▶▶10年間ニキビに悩まされた私のニキビが、1か月でキレイになったスキンケアとは?

サブコンテンツ

このページの先頭へ