凸凹ニキビ跡に効くケロコートの効果と副作用

ケロコートは薬ではなく化粧品の部類に入り、ニキビを治す薬ではなくニキビ跡に効くジェルです。

少しかわいらしい名前が印象のケロコートですが、アメリカでは1年間に30万本も売れたという実績があります。

そんなケロコートの効果や使い方をご紹介します。

ケロコート

ケロコートの効果

ケロコートはシリコンのジェルで、シリコンで皮膚を圧迫し皮膚を平らにする効果があります。
妊娠線や傷跡の治療、凹凸のあるニキビ跡の治療に用いられます。

薬ではないですし、お肌にいい成分が入っているわけではないので
効果を実感するまでにはかなりの期間が必要なようです。
だいたい効果を実感するまでには3ヶ月はかかると言われていて、3ヶ月使用して効果が見られるようであれば、そのまま使用を続けます。

少し前まではシリコンのテープが使われていましたが、
剥がれたり目立ったりするので使いにくいという不評がありました。

ケロコートならジェルで塗って乾いてしまえば目立ちませんし
剥がれる心配もないので使いやすく人気です。

また透明なので上からメイクもできるのもメリットの一つです。

ケロコートの副作用と使い方

ケロコートは薬ではないので副作用はほとんどありません
敏感肌の人でも安心して使えます。
もともと、髪の毛をコーティングして痛んだ毛先を保護する効果があるためトリートメント剤などに使われていて、体への安全性は確認されています。

ただ、シリコンでお肌を覆ってしまうので長期間使用することで、使用した部分に

皮膚がめくれる・皮膚が浮腫む・水泡ができる・かぶれる

といった症状が出ることがあります。
ケロコートはもともとアメリカの製品で、日本人用に成分調整されていないものも多いので、使用する前にしっかり確認しておきましょう。

使い方は簡単で、洗顔後患部に塗り、乾いたらいつものスキンケアをするだけです。
1日2回、朝と夜の洗顔後に使用しましょう。

5分程度待っても乾かない場合は、量が多いのでティッシュオフをしてふき取りましょう。
乾いたらその上からメイクをしても大丈夫です。

また、洗顔の時に古いのがお肌に残っていると副作用の危険が増してしまうので、洗顔の時にしっかりすすぐようにしましょう。

ケロコートは効果が表れるまでに3ヶ月程度かかります。
長期的に使用することでだんだんとお肌がなめらかになるようです。
1~2か月で使用をやめてしまう方もいますが、まずは3ヶ月使用してみましょう。

アットコスメでの口コミも評価が高く、時間はかかるけど何をしても効かなかった凸凹のニキビ跡が
少しずつ改善された、という口コミが多いです。

ただし、まだ治りきっていないニキビには塗らないように注意しましょう。
赤いニキビ跡や色素沈着タイプのニキビ跡には効果がないので、あくまで傷跡や凹凸状になってしまったニキビ跡に使用するようにしましょう。

スキンケアを変えるだけで、10年間悩んだニキビがキレイに

1か月どろあわわを使った結果

▶▶10年間ニキビに悩まされた私のニキビが、1か月でキレイになったスキンケアとは?

サブコンテンツ

このページの先頭へ