背中にできる思春期ニキビの治し方

背中にできてしまう思春期ニキビの原因と治し方をご紹介します。
背中にできる思春期のニキビは、以下の原因が主に考えられます。

  1. シャンプーやリンスの界面活性剤
  2. 汗をそのままにしている
  3. ゴシゴシ擦っている

では、1つずつ見ていきましょう。

1.シャンプーやリンスの界面活性剤

シャンプー

思春期は、OLさんや働いている女性と違って、シャンプーやリンスを家にあるものを使っていたり、
市販の物を使っている場合が多いんじゃないでしょうか。

ドラッグストアなどで売っている市販のシャンプーやリンスには、安く大量生産するために、
大量の界面活性剤が入っていたり、シリコンが入っていることがほとんどです。

また、シャンプーについては洗い上がりをしっとりさせるために、保湿剤が入っている事が多いのですが、
あくまで「髪の毛用の保湿」なので、お肌には合わず、毛穴を詰まらせてしまう原因になることが多いんです。

そのため、シャンプーやリンスをした時に、背中に流したお湯がかかり、
そのお湯に含まれるシリコンや保湿剤が毛穴を塞ぎ
ニキビになっている可能性がとても高いのです。

これを予防するには、できればノンシリコンのシャンプーに変えること
または、髪の毛を洗ってリンスやトリートメントを全部終わらせてから、体を洗う、という順番で洗うと
背中のニキビを予防することが出来ます。

2.汗をそのままにしている

汗

思春期の場合、学校の授業や通学などで夏場は特に汗をかきやすいですよね。

背中は腕や足と比べて汗腺が発達していて、汗をかきやすい場所なので、顔や他の部分は平気でも、
背中だけはしっかり汗をかいている、なんてことも多いじゃないでしょうか。

それを放っておくと、汗と一緒に出た老廃物や皮脂などが毛穴に詰まり、ニキビに原因になってしまいます。

学校などがある場合は難しいかもしれませんが、オススメなのは濡らしたティッシュでサッと拭くことです
汗ふきシートなども売っていますが、お金もかかりますし、汗を拭くには濡れたティッシュでも十分です。

一番効果的なのはやはりシャワーを浴びることなので、家に帰った後はできるだけシャワーをサッと浴びたり、
朝起きて体がベタベタしていたら、体だけでもサッとシャワーで流すと、背中のニキビ予防になります。

3.ゴシゴシ擦っている

よくマンガやアニメで、お父さんの背中をゴシゴシ擦る!というシーンがありますが、
実はあれは背中のニキビを悪化させてしまいます

体は顔と違って、つい力を入れて洗いがちですが、あまり強くこすると皮膚がダメージを受け、
防衛本能から皮膚は硬くなります

皮膚が硬くなるということは、毛穴の皮脂が外に出られず、毛穴を詰まらせてしまう原因になるので、
ニキビができやすくなってしまいます。

お風呂で背中を洗う時は、優しく洗うようにしましょう

スキンケアを変えるだけで、10年間悩んだニキビがキレイに

1か月どろあわわを使った結果

▶▶10年間ニキビに悩まされた私のニキビが、1か月でキレイになったスキンケアとは?

サブコンテンツ

このページの先頭へ