背中のニキビ、実はカビが原因のマラセチア毛包炎かも?

背中にできるぶつぶつしたニキビ。
何をしてもよくならず、皮膚科で処方された薬を塗っても治らない、
そんな時は実はニキビではなくマラセチア毛包炎かもしれません。

マラセチア毛包炎

マラセチア毛包炎とは

マラセチア毛包炎はマラセチア菌というカビの一種が繁殖し、炎症を起こす皮膚病です。
マラセチア菌はアクネ菌と同様、常にお肌にいる常在菌です。

アクネ菌と同じ皮脂をエサにする菌で、皮脂を遊離脂肪酸とグリセリンに分解しますが、遊離脂肪酸が酸化されると毒性のある過酸化脂質に変化し、炎症へと発展するのです。

常在菌のため、誰でも発症する危険性があり、特に汗をかきやすい季節に発症しやすいのが特徴です。
ニキビのように膿はほとんどなく、赤く小さなぶつぶつが、比較的たくさんできるのも特徴です。

大きく腫れたりしない、膿がたまらない、小さなぶつぶつが一気にたくさんできて薬を塗っても治らない、などの症状であればマラセチア毛包炎を疑ってみましょう。

マラセチア毛包炎とニキビの違い

マラセチア毛包炎とニキビの違いは、アクネ菌は毛穴に詰まった皮脂に繁殖するのに対し、マラセチア菌は毛包に繁殖するということです。
またニキビと違い自然治癒することはほとんどないかわりに、皮膚科を受診し抗真菌外用薬を塗るとすぐに改善されるということです。

マラセチア毛包炎の治し方

マラセチア毛包炎の治し方はとても簡単で、皮膚科で抗真菌外用薬をもらって、指示通り塗るだけです。

またマラセチア毛包炎はアクネ菌同様、皮脂の多い場所を好み、湿度の高い場所も好みます。
そのため夏場で汗をかきやすい季節は、汗をかいたらシャワーを浴びたり、こまめにパジャマを変えたりしてマラセチア菌が繁殖しないようにしましょう。

スキンケアを変えるだけで、10年間悩んだニキビがキレイに

1か月どろあわわを使った結果

▶▶10年間ニキビに悩まされた私のニキビが、1か月でキレイになったスキンケアとは?

サブコンテンツ

このページの先頭へ